私達の学び 目からウロコの内容

メシヤ教の楳木代表が各支部で毎月開催するメシヤ講座の主要点を掲載

御歌御朗詠の復活と代表の誓詞 2017年1月④

御歌御朗詠を復活 楳木代表少し朗詠してみました?ちょっと練習してみました?(笑)Hさんは付き合いが多いから朗詠とかしている人いるんじゃないですか?京都の方とか。 受講者お歌をされる方はいらっしゃいますけど、私は出来ません(笑)。 楳木代表メシヤ様の御歌はですね、御教えを凝縮する為に皆さんに伝えなければならない内容からして、どうしても字余りが多いので、節回しが難しい処があります。全ての御歌を一定のメロ...

Read More

脳化学から見る病気治癒の可能性について  2017年③

脳化学から見る病気治癒の可能性についてそれで、東方之光教団は天津祝詞を奏上しませんけれど、いずのめ教団は天津祝詞を奏上します。主之光教団も天津祝詞を奏上します。その他の教団も天津祝詞を奏上しますけれども、天津祝詞を奏上するときに、『祓戸大神等諸々の枉事罪穢を祓ひ給え浄め賜えと申す事の由を』と奏上します。この「祓戸大神」は人間の肉体にあてはめていくと腎臓にあたるそうなので、この腎臓が「祓戸大神」の働...

Read More

黴菌が一生懸命掃除をしてくれている    2017年1月②

東京国分寺支部長代理全く予期しておりませんでした・・・。改めまして、新年祭おめでとうございます。昨年の12月20日に支部の発会のお許しをいただきまして、そのご報告を御降臨祭にさせていただいたわけですけれども、このメシヤ講座の御教えが今まで東方之光で、自分なりに御教えを拝読してきたつもりだったのですけれども、やはり多くの御教えが意図的に隠されてきたといいますか、触れたことのない御教えがございました。...

Read More

「九分九厘の極み」の年     2017年1月①

「九分九厘の極み」の年楳木代表それで平成29年というのは、言わば昭和が「霊」ということになると平成が「体」という働きになっていくので、昭和の29年が平成の29年に大きく形となって現れてくるので、そういうふうに現れて来ると、昨年から取り組ませていただいている私達の神性を蘇らせるという取り組みは、しかも二十九の九ですので、魂の輝きを取り戻すという取り組みが極まってくるので、私達の今取り組んでいることが...

Read More

『天職使命』が『祓戸の神様』に貢献している事を意識する     2016年12月②

熊本光の森出張所責任者『人間と病気』(文明の創造)を読みながらの覚った事柄を御報告させて頂きます。先月は月次祭後、○○さん御夫婦の教修を2回させて頂きました。その中で“私自身も一緒に教修を受け再度「メシヤ教」に付いて学ばせて頂いている”ように感じました。特に『入門と奥座敷』第二章「一、宗教について」というところなのですが、メシヤ教に入会してから今まで幾度となく読んで来た内容なのですが・・・。今迄以上に“...

Read More

電子書籍      2016年12月①

本日拝読した御教えの、受け止め方然も私達がこの地球が創られた45億年前から今日迄の流れを見て行くと、メシヤ講座の中では45億年前に地球が出来そしてその直ぐ後に月が出来た時には、月と地球の距離が近かったので、地球に海が出来た時は潮の満ち引きが非常に激しかったと、その潮の満ち引きがなぜ激しかったかというと、岩石に含まれている成分を海水に取り込んでナトリウムと化合させながら生命の源を作るという事を行いながら...

Read More

『神意の発動』を担う決心について     2016年11月⑨

『神意の発動』を担う決心について楳木代表それから、八尾集会所責任者のご主人がお世話の真っただ中にいますけれどね、それでどういうふうにして取り組んでいくかということなのです。理屈は分かっているのだけれども、なかなか医者との交渉が難しい。 八尾集会所責任者交渉もあるし、交渉はするとしても、それを止めてちゃんと・・・、睡眠薬一つにしても結構難しい、と。今は通していますけどね。全部止めたいと思っているんで...

Read More

浄化作用の有り難さを共有    2016年11月⑧

破水後の自然分娩受講者はじめ、25日に息子から昼間電話があって、「今日中に産まれるよ。」という連絡が入ったのです。私は、なんだかよくわからなかったのですけれども、なんとなく「26日に産まれるよ。」「27日には産まれないね。」と何日も前にそんなことを言ったりもしておりましたが・・・。それで、息子から「夜、破水したから今日中には産まれるよ。」と連絡があったのですけど、「産まれたらとにかくすぐに連絡して...

Read More

韓国・・・・医学に関する審判      2016年11月⑦

韓国楳木代表取り分け、メシヤ様は『最後の審判は医学から審判が始まる。』というふうに、本日の御教えでは御述べ下さっておるので、医学に対する審判、而も46ページにはですね、3行目に『最後の審判は目捷に迫りつつある』というふうに、これは昭和27年に書かれたものですので、昭和27年の段階では『目捷に迫りつつある』と。しかし、今は平成28年ですので、『目捷』どころではなく、もう突入している訳です。『最後の審判』の真...

Read More

『日本人が一人でも多く残ってもらいたい。』との御垂示   2016年11月⑥

『日本人が一人でも多く残ってもらいたい。』との御垂示楳木代表そういうことを、今伝えないといけない時期を迎えているというのはですね、外国人と日本人の決定的な違いというのがあります。それはまず何かと言うと、以心伝心が日本人はできるけれども、外国人の方々は、どうしても以心伝心というのはできにくい・・・。そういう方々なので、いざ大浄化が起きたと時に乗り越えきれないところがあります。『日本人が1人でも多く生...

Read More