FC2ブログ

私達の学び 目からウロコの内容

メシヤ教の楳木代表が各支部で毎月開催されたメシヤ講座の主要点を掲載

「世界救世(メシヤ)教 教義」を起点に     2009年2月②

4.「世界救世(メシヤ)教 教義」を起点に検討中の御教えを手にして最も感ずることは、起点の問題です。御教え拝読が行き届いている方で初めてメシヤ講座に参加する人の中で良く出る質問がありますので、その内容を引き合いにして問題提起します。「信仰読本に掲載されている『世界救世(メシヤ)教 教義』は『岡田茂吉全集』に収録されているものと違う箇所がありますが、改竄(かいざん)では・・・」という質問です。まず最...

Read More

『神意の発動』を担う決心について     2016年11月⑨

『神意の発動』を担う決心について楳木代表それから、八尾集会所責任者のご主人がお世話の真っただ中にいますけれどね、それでどういうふうにして取り組んでいくかということなのです。理屈は分かっているのだけれども、なかなか医者との交渉が難しい。 八尾集会所責任者交渉もあるし、交渉はするとしても、それを止めてちゃんと・・・、睡眠薬一つにしても結構難しい、と。今は通していますけどね。全部止めたいと思っているんで...

Read More

”病貧争”の中で一番難しい”争”を無くすには頭を使わなくてはいけない!・・・・具体例その1   20165年3月⑩

楳木代表『右の滅ぶべき不用物とは之を指して言うのである、而もそれと同時に昼の文化の建設が開始さるるのである、斯の如き空前絶後の一大転機とは、何を指すのであらうか、全く何千年否何万年以前より決定してゐた神のプログラムなのである。』 この『神のプログラムなのである。』というところを、昨年の秋から今年の1月まで学ばせていただいた内容にあたりますので、私達は『昼の文化』の建設を開始しているのだ、というふう...

Read More

『世界救世(メシヤ)教教義』の具体論とは   2016年3月⑦

『世界救世(メシヤ)教教義』の具体論とは楳木代表ですから、本日拝読をさせていただいた『開教の辞』と、先月拝読をさせていただきました『世界救世(メシヤ)教教義』というのは、何度も何度も・・・『世界救世(メシヤ)教教義』は月次祭の時に必ず拝読させていただいておりますので、その都度、自分の中の覚りを拡げていただきたいと思います。その覚りが拡がった分ですね、メシヤ様の御光が更に強まってきて、皆さん方が取り次ぐ浄霊...

Read More

世界救世(メシヤ)教教義の我が家(自分)への置き換え方  2016年2月⑪

『抑々、世界の創造主たる主之大御神(ヱホバ)は、此地上に天国を樹立すべく、太初より経綸を行はせ給いつつある事を吾等は信ずるのである』というところを見つめた時にはですね、こういうふうに読んでいただきたいと思います。「抑々、○○家の先祖代々は、この○○家を天国にするために、太初より家系を経綸してきたのである」ということを、自分が信じられるかということです。で、信じられるから仏壇を設けていくわけなのですね。...

Read More

メシヤ様と出会ったということは、説いてくださっている事を自分の物にしていく為。人格的な高まりや霊性を向上させる為  2016年2月⑩

《メシヤ様と出会った意味の理解を・・・》『太初より経綸を行はせ給いつつある事を吾等は信ずるのである』(中略)最初は、助かりたいとかですね、御守護いただきたいということで信仰をしていくのですけれども、信仰をしながらメシヤ様の御教えに触れていく中でですね、そういう高まりを、人間的な高まりを得ていくような信仰をしていかないと、世界救世(メシヤ)教として、教祖であるメシヤ様に出会った価値がほぼないというこ...

Read More

我々はメシヤ様から病貧争を無くし、真善美の完き恒久平和の理想世界実現をする為の知恵と力を頂いている 2016年2月⑨

◎我々はメシヤ様から病貧争を無くしていく、真善美の完き恒久平和の理想世界実現をする為の知恵と力を頂いている(参加者)あの、主神様のご経綸で、今は薬毒が駄目だと教えて頂いているのですが、『夜の時代』に物質文明を発達させる為に人間を弱らせなければならないというので、薬を禁断の木の実という形で人類に与えられて、弱くしたことで、楽をしたいという気持ちから物質文明をどんどん発達して色んなものが出来てきたという...

Read More

「精進邁進するので御力を下さい」というお祈りの仕方が世界救世(メシヤ)教の信者の祈り方 2016年2月⑧

(先生)それから、争をなくすのは、家族ほど難しい処がありますよね、直ぐにカチンカチンくるし、こうして欲しいのに全然言うこときかない人もいるから、それを絶無にするのが私たちの使命な訳なので何事をするにも、『病貧争を根絶し』という処を課題にして頂きたいと思います。それで、真善美の完き恒久平和の理想の家庭を作るために精進邁進しているのが私なのだ、という事なので、Sさん随分努力をしているのだけれど、今回の...

Read More

宇宙の誕生と生命の誕生  「世界救世(メシヤ)教教義」の経綸とは  2016年2月⑤

(先生)大体、今科学的には138億年前にビックバーンがあって、今の宇宙が誕生したという事になっておりますけれど、光の速度でずっと拡がっておりますので、私が今宇宙のことを語っておりますけれど、1秒後には宇宙は光の速度で拡がっておりますので、宇宙の事を語ったことにはなっていない。宇宙の一端を語ったという事にしかならないのだと言う位、この宇宙は非常に大きい存在でありますし、この宇宙を造られた主神様の御存在...

Read More

信者が信じる事。信者が精進邁進すること  2016年2月③

『信ずる』 そして次に移って行きますと『今や、世界の情勢は混沌(こんとん)として帰趨(きすう)を知らず、此の時に際し、主神は吾等の岡田茂吉教祖に救世主(メシヤ)の大任を下し給たまい、人類救済の聖業を達成せしめ給たもうを信ずると共に、』ここで世界救世(メシヤ)教教義の「信ずる」が三回出て来ます。之を信じている人が実は信者さんである訳です。主神様がメシヤ様に大任を下し給い、人類救済の聖業を達成させよう...

Read More

『世界救世(メシヤ)教教義』を自分に当てはめて読む  2016年2月⑥

<三重支部メシヤ講座から引用>(先生)それと同時に、過去のメシヤ講座・特選集の中で取り上げているように、この『世界救世(メシヤ)教教義』は同時にですね、自分に当てはめて読んで貰いたいという風にしております。今日Sさんから相談を受けた内容からすると、それに当てはめて考えていくとすると非常に分かり易いと思うね。「抑々S家の初代先祖はこのS家を天国にすべく初代から家庭を営んできたのであることを私は信ずるの...

Read More

『其時代々々に必要なる人間と、必要なる宗教』  2016年2月②

『其時代々々に必要なる人間と、必要なる宗教』そして『而(したが)って、神は其その時代々々に必要なる人間と、必要なる宗教を顕(あら)はし給い、それぞれの使命を遂行させ給うのである』と。 これですねこの『時代々々に必要なる人間と、必要なる宗教を顕はし給たまい』という事は、非常にですね我々の見識を更に広めて行く、そういう御言葉であります。明日もですね「新報道2001」(フジテレビ)がありますけれども、先週の...

Read More

『世界救世(メシヤ)教教義』の成り立ち 2016年2月①

世界救世メシヤ教大任受命の経緯 この世界救世教教義の成り立ちというのが今迄余り説明されてなかったのですけれども、昭和二十五年の二月四日にメシヤ様が世界救世メシヤ教を開教された時に、それまでは通称「天国会」と「五六七(みろく)会」で二つの教団で、御神業を進めて来られました。一つは日本観音教団という、これは中島一斎先生が主宰する教団、それから渋井総斎先生が進めておられた五六七(みろく)教、そういうもの...

Read More