FC2ブログ

私達の学び 目からウロコの内容

メシヤ教の楳木代表が各支部で毎月開催されたメシヤ講座の主要点を掲載

日本観音教団教義(光号外 昭和二十四年五月三十日)と五六七教教義(光号外 昭和二十四年五月三十日) 2016n年3月③ 

日本観音教団教義(光号外 昭和二十四年五月三十日) ◇…大宇宙を創造され給ひし造物主たる主の大神は、此の地上に天国を顕現すべく太初から大経綸を行 はせ給ひつつあるのである、之が為神の代行者として人間が造られ、又万物は人間の為に造られたる 事を信ずると共に今日迄の歴史はその為の準備工作であり、其時代々々に必要なる人間を顕はし給ひ 夫々の使命を遂行させ御目的を達成され給ふのである。◇…主神の御分霊たる聖観...

Read More

『世界救世(メシヤ)教教義』の成り立ち 2016年2月①

世界救世メシヤ教大任受命の経緯 この世界救世教教義の成り立ちというのが今迄余り説明されてなかったのですけれども、昭和二十五年の二月四日にメシヤ様が世界救世メシヤ教を開教された時に、それまでは通称「天国会」と「五六七(みろく)会」で二つの教団で、御神業を進めて来られました。一つは日本観音教団という、これは中島一斎先生が主宰する教団、それから渋井総斎先生が進めておられた五六七(みろく)教、そういうもの...

Read More