FC2ブログ

私達の学び 目からウロコの内容

メシヤ教の楳木代表が各支部で毎月開催されたメシヤ講座の主要点を掲載

覚りながら身に付いた御教えは誰にも取られない宝    2016年11月⑤

倉敷出張所責任者御教えは完成された世界でしょ・・・。そこへまだ私達人間は到達していない。で、そのギャップがありますよね。でも現実は医学の誤謬・・・、違っている事を今「週刊現代」とかで一般のお医者さんが内部告発のように出されていますよね。だからメシヤ様時代の時と違って、大変私達もやり易い時を迎えている。何故あれをヤクザより恐ろしい医師会が何も言わずに容認しているのかなぁ、と・・・。次々出るでしょ、あ...

Read More

「教・論・律」について    2006年3月、7月、12月 2016年5月

メシヤ講座メシヤ講座は「教・論・律」の確立を目指して学び合いをする場です。・「教」とは、岡田茂吉教祖の全論文、全講話、全詩歌です。・「論」とは、「教」に照らして世の中を見つめ周辺に起きる事象を判断することです。・「律」とは、論に基づいてどのように生活をするかということです。メシヤ様の御教えを基にして世の中を見つめ、周辺で起きる事象を判断して自らを見つめ、どのように生きるかを求めます。メシヤ様の御存...

Read More

編集出版事業は、教・論・律を明確に提示して衆生(しゅじょう)を済渡(さいと)すること  2016年5月⑮

楳木代表編集出版事業はメシヤ講座の願いと同様、教・論・律を明確に提示して衆生(しゅじょう)を済渡(さいと)することにあります。つまり時代に移写する御神意を覚ることにより、抱える問題を解決して、時代に生き生きと生きることができるように導く、という本来の宗教の役割を果たすことを目指す取り組みです。)竣成記念大祭平成28年5月楳木代表要するに、御教えとそれに関する考え方、これは「教・論・律」になってきます。...

Read More

一旦問題解決を許された人はメシヤ様の御教えに沿った生活をする   2016年5月⑤

二度と同じ問題を起こさないために楳木代表次はそういう歴史のことを考えていきましたけれども、これからですね、宗教というのは問題解決をしていくのが第一の使命としてあります。で、問題解決をしていく時には、原田さんが発表しましたように、御教えに沿って取り組んでいけば解決方向に進んでいきます。しかし、一旦解決したものが御教え通りの生活をしていかないと、また元の木阿弥で問題が発生するということになりますので、...

Read More

人類の歴史に見つめながら御教え拝読を  2016年5月③

人類の歴史に見つめながら御教え拝読を・・・楳木代表そういう歴史の見方を持った上で、もう一度メシヤ様の御教えに基づいてですね、三千年前に『夜の時代』になったということを理解した上で、それに基づいて御教え拝読をしていかないとですね、メシヤ様の御教えを非常に狭い捉え方をしてしまうことになってまいります。メシヤ様の御教えは人類の歴史をずうっと見つめた上で、私達に御教えを説いて下さっておりますので、その御教...

Read More

「意味が分からないものは、有り難い」という精神構造が出来てしまった訳 2015年6月⑥

代表先生 先祖を祀る時にもですね、この世の中に生まれないでお腹の中で死んだお子さんはですね、○○児之神霊、というふうに呼び名を付けております。それから年齢がですね、三十歳に満たないで亡くなっている人には、○○比古之神霊、あるいは○○比女之神霊、というふうに呼んで、三十歳以上を毘古之神霊、毘女之神霊というふうにして、その年齢に応じて、亡くなった時の送り名というのが変わってきている。それが根幹にあるようにで...

Read More