FC2ブログ

私達の学び 目からウロコの内容

メシヤ教の楳木代表が各支部で毎月開催されたメシヤ講座の主要点を掲載

帯状疱疹というのは肝臓を守るために出てくる。有難いと思った瞬間に痛みが和らぐ!  2016年4月②

受講者一つ聞きたいことがありまして、病気についてずっと前から菌について分からないでいるんですけれども、従兄弟がひどい帯状疱疹に罹って、今迄薬飲んだことがなかったのが、初めて飲んだと。また知り合いも帯状疱疹になったんですけれども、昔よりもきつくなっているような感じを受けます。それから風邪をこじらせると肺炎球菌とかマイコプラズマ肺炎とか、あとこれも風邪とは違うのか溶連菌とか、菌が入ったら普通に対処でき...

Read More

『文明の創造』を学び終え御祈願書をお供えする 2015年御降臨祭楳木代表挨拶②

『文明の創造』を学び終え御祈願書をお供えする さて、本日は御神前に各支部、出張所、集会所毎に御祈願書をお供えしていただきました。これは『文明の創造』を学び終えて、次のように御示しになられた主神様の『最後の審判』の進め方を厳粛に受け止めたからであります。 『右の如く悪魔の経綸の中心はクライスト教であるから、最後の審判はそのクライスト教と眷属を抹殺して悪魔の奴隷になっている大部分の人類を解放させるので...

Read More

体験記 「この一年を振り返って」  2015年御降臨祭

  この一年を振り返って                 岡山支部   高橋幸治 皆様、メシヤ様御降臨祭、誠におめでとうございます。岡山支部の高橋と言います。この一年間に亘りまして、私自身と私の回りの方々にいただきました御守護の数々について報告をさせていただきます。   〈メシヤ教に繋がるまでの経緯〉先ず、私がメシヤ教に繋がるまでの経緯を報告させていただきますが、その発端は妻の浄化が元でした。数年...

Read More

健康保険の運用が困難な時代に・・・。「文明の創造」の裏付け的な発表がされるようになって来た。 2015年4月⑤

《健康保険の運用が困難な時代に・・・》最近はですね、週刊誌・・・あまりいい方には受け止めておりませんでしたけれども、最近は色々と特集を組んでくれております。そして今日本ではですね、大きな問題点は、国民健康保険の運用が中々難しくなってきております。これは、日本だけではなくてですね、西洋も方でもヨーロッパの方でもですね、健康保険というのは中々運用が難しくなっております。その為にですね、今までは湯水のよ...

Read More

〝謝る″ことを解って『浄霊』をすると、世の中が転換してくる。  2015年4月⑧

○〝謝る″ことを解って>『浄霊』をすると、世の中が転換してくる。(質問者)『阿彌陀(あみだ)は神素盞嗚(かむすさのお)尊である。』という箇所がどうも良くわかりません。わからないということがわかったのですが・・・。(先生)このあと、素盞嗚尊が日本へ押し寄せてきて、伊都能売神皇の地位を狙って、天照天皇に皇位を譲られました。しかし天照天皇を殺してしまったので、伊弉諾尊様の御勘気にあわれて西洋へ渡るときに分身し...

Read More

『文明の創造』拝読により 『メシヤ降誕本祝典』の意義認識が深まり 神威の圧力を真正面から受ける 祭典の挙行が許される 2015年3月①

実は、本日のご参拝は非常に緊張するものがございました。“どのようなお祈りをメシヤ様に捧げさせていただければ、今日の「記念大祭」に相応しいご参拝ができるか”ということを、ズーッと考えながら御前(みまえ)に進ませていただきました。 ちょうど一日は、本部一日祭並びに月次祭でございました。その参拝を終えて・・・ホームページのリニューアルとかメシヤ講座・特選集のアップとかで月末は2日間ほど徹夜状態で過ごしまし...

Read More

非常に残念な思い    2015年3月④

非常に残念な思い  実は今月ですね、3月2日に悲しい事があったんですけれども……、今月の岡山支部の月次祭に「い○○○教団」の82歳のご婦人がですね、2回目ですけど御参りに来まして、そして、この『文明の創造』を持ってきましてですね、茲に(表紙)手垢が付く位読み込んだ『文明の創造』……い○○○教団の教会長だった人が持っていた本だと、自分の娘の婿さんがいづのめ教団の教会長で、これが(文明の創造)出てから読み込んで、これ...

Read More

文明の創造”宗教篇”の要点  2015年9月⑥

代表先生それから次に宗教篇というのをメシヤ様は書いて下さっておりますが、宗教篇というのは一体何かということであります。これもやはり自分の中で、ある程度メシヤ様が宗教篇で何を私達に教えて下さっているのかということを頭の中でまとめておいていただきたいというふうに思います。宗教篇で私達が学んだことというのは、3千年前に中国大陸と朝鮮半島から合流した素盞鳴尊と瓊瓊杵尊が山口県の萩市に上陸してですね、そして...

Read More

感謝の出来ない生活者は信仰の落第生! 朝起きた時に感謝の込み上げてくるような信者に。 2015年8月④

《感謝の出来ない生活者は信仰の落第生》代表:その最後に人間が生まれてきて、これだけ文化が出来てきた時に、今経緯を結ぶというのが本教の使命だということですので・・・その45億年くらいの流れの中でですね、今最終的にですね、地上天国を建設していく、その時期に私達は生を受けているということでありますので、こんなすばらしい時代にですね、生まれてきているということを毎朝、起きた時にですね、すばらしい時代に生まれ...

Read More

 「文明の創造」しっかり拝読する人は変わる   2015年8月②

  《「文明の創造」しっかり拝読する人は変わる》代表:最近の科学的な研究発表を見聞きしていると、現実に地上天国が出来るなぁ、と思うね。学者たちはその分野だけ研究しているのだけれど、我々は御教え全部読んでいるので、主神様の全体の御意図の一部分が分かっているでしょ。その分った中で研究発表をずうっと読んでいくと、地上天国が正に今出来つつある、と・・・しかし、その中心になるものが今無いので、世界救世教が崩...

Read More

信仰の極地とは・・・。       2014年12月①-2

広島支部の話から・・・    《信仰の極致とは・・・》 これは各支部がそういう光に満ち溢れた、そういう場所であるということを、我々に確認するために多分来てくれただと思うんですね。それから、地上天国とは一体何かというふうに考えた時には、今日の御教えの中にはですね、『昼の世界だ』というふうに書かれているんですね。それを「実相世界」だというんだと・・・これは実は地上天国ということが出来ていくために、非常...

Read More

『文明の創造』の発刊が何故これほどまでに遅れたのか?  2014年11月①

本日拝読をさせていただいた『霊界に於ける昼夜の転換』というのは、この世界救世(メシヤ)教が開教され、またメシヤ様御自身が最初の創業である大日本観音教団を立教された時、そうしたことに深く関わることでありますし、仏教界からすれば、これは大変問題になる御論文でもあります。そのためにですね、『文明の創造』を最初にお作りなった○○先生は、これを仏教界にお見せになって、この部分の一部を削られております。バチカン...

Read More