FC2ブログ

私達の学び 目からウロコの内容

メシヤ教の楳木代表が各支部で毎月開催されたメシヤ講座の主要点を掲載

『信者たるもの、常に魂を磨き、言葉を練り、上魂の人間たることを心掛けるべきである。』  2013年4月①

○『信者たるもの、常に魂を磨き、言葉を練り、上魂の人間たることを心掛けるべきである。』(先生)メシヤ様がいろいろ我々に課題をくださっていますよね。『祈りの栞に寄せて』の『信者たるもの、常に魂を磨き、言葉を練り、上魂の人間たることを心掛けるべきである。』信仰の長い人はこの御教えが身についていないといけません。もう十年もやっていたらね。【御教え】『言霊の偉力  (昭和二十五年)』より『信者は常に魂を磨き...

Read More

お導きはハンカチを引っ張るのと同じ     2013年4月④

 《お導きはハンカチを引っ張るのと同じ》参加者:人に色々話するんですが、そうしたら向こうがそれを邪魔する言い方をするんですよ、そしたら私が駄目になっちゃうんです。代表:その時に、もう一回甘いもの食べて・・・(笑)・・・頭を働かせて、"それは自分を教育してくれている"と思わないといけない。いいことを言ったことを、それを否定するというのは。それをもう一度こちらがね、"相手に説得できる話をするために相手が言...

Read More

真の「下意上達」     2017年立春祭②

真の「下意上達」そういう取り組みをする上において本日の三人の方々の発表は、正に涙なくして聞くことの出来ない内容でありました。○○さんは疣(イボ)のことを中心に話してくださったのですけれども、私は一言「とれる。」と言っただけでありまして、後は本人がズーッと御教えに照らして“どのような取り組みをして行ったらよいか”ということを必死に考えてズーッと浄霊に取り組まれました。これこそが先月から話しております「下...

Read More

「心底の悪癖」を自覚し改めて「真の御詫び」       2017年2月⑥

「心底の悪癖」を自覚し改めて「真の御詫び」へ楳木代表はい、ありがとうございました。改めまして月次祭おめでとうございます。本日御教えを拝読させていただいて、四人の方から報告いただきましたけれども、いつもお願いさせていただいているように、四人の方が代表して報告してくださるのですけれども、その報告内容を自分に照らして、“自分自身の神性を磨く取り組みというのは、比べてどうなのか”というところを見ながら、耳を...

Read More

「結び」の働きを身に付ける     2017年1月⑩

「結び」の働きを身に付ける楳木代表はい、ありがとうございました。それでは改めまして本年もどうぞ宜しくお願い致します。今日は支部長代理から世界中で主神様の御意図というものが際立ち始めているという話を報告していただいたのですけれども、皆さん方にはですね、この本の中の205ページを開いていただきたいと思います。そこにはですね『天津金木』という図が出ております。『天津金木』というのは前のページに出ておりま...

Read More

「結び」の働きが出来るように成る為に!    2017年1月⑨

「結び」の働きが出来るように成る為に!-楳木代表それとですね世界救世(メシヤ)教は、何をして行く教団なのかというと、本日拝読をさせて頂いたですね、メシヤ様は、悪の意味とかというのを主神様から教えられたので『喜びに堪へない』というふうに書かれている訳ですので、喜びに堪えない事を全人類に知らせて行くという事なのです。是が世界救世(メシヤ)教を復興して取り組んで行く御神業である訳ですね。じゃ、何をやるか...

Read More

「九分九厘の極み」の年     2017年1月①

「九分九厘の極み」の年楳木代表それで平成29年というのは、言わば昭和が「霊」ということになると平成が「体」という働きになっていくので、昭和の29年が平成の29年に大きく形となって現れてくるので、そういうふうに現れて来ると、昨年から取り組ませていただいている私達の神性を蘇らせるという取り組みは、しかも二十九の九ですので、魂の輝きを取り戻すという取り組みが極まってくるので、私達の今取り組んでいることが...

Read More

霊界の動きと今後の対応    2016年10月⑧

霊界の動きと今後の対応楳木代表それにしても、先達は高弟といわれていたので、高弟にしてはやり方が・・・、というふうに、私も不満を持ってしまったら、今度は先達が霊界に行って、メシヤ様の御教えを折角いただいているのに自分達が十分・・・、大きくすることは出来たけれども、信者さん方を真に幸せにしていく、という道が、病気だけは救ってきたけれども、その他の生活という点に於いては救いきれなかったところがあったので...

Read More

人々の身体を汚さない取り組みが布教  2016年10月⑦

人々の身体を汚さない取り組みが布教楳木代表先月はこの三重支部が終わって、そして御殿場の方に泊まった時に、いつものホテルが一杯だったので、あそこは最近アウトレットに行く人が非常に多く、ホテルが結構一杯でちょっと辺鄙(へんぴ)なところに泊まって、いつも夕食を食べる所が中々見付けるのが大変だったので、何ヶ所も入ってビールを一杯飲みたいので、「このレストランはビールは何を置いてますか?」「○○○○○○○です。」...

Read More

「チョン」を拡げるためには 2016年9月⑤

「チョン」を拡げるためには楳木代表それで先月ですね、こういう「覚り」を開いていくということついて、自分は、この御教えに照らして考えましたということをメールで送ってくれた人の話しがあるので、それを取り上げておいておきたいと思います。それは昭和24年の9月25日に皆さん方も拝読したことがあるかと思うのですけども、「忄」偏の『悟り』と自覚の覚の『覚り』この違いについてメシヤ様が短い御論文として発表してい...

Read More

曇粒子の重さ=『夜の時代』の悪癖   2016年10月②

曇粒子の重さ=『夜の時代』の悪癖楳木代表さっき○○さんが取り上げた『強制』と『自然』ということ、それから自然に執り行うためにはですね、先程拝読をした御教えの中にある、その魂というものの重みで・・・、入信教修を受けた時にですね、我々の体の中には現魂という魂が宿っていて、霊界には幽魂が在籍していて、それが現魂と繋がっていて、その幽魂が上がれば非常に幸せな生活をするけども下がっていくと悲喜交々の生活になっ...

Read More

信仰は『神性』を蘇らせる! 2016年10月①

楳木代表はい、分かりました。じゃ、先月も報告してもらったので、その後怪我をしてしまったので、怪我をして感ずる所があれば・・・。 受講者そうなんですよね。色々考えまして“曇りがあったからこうなったんだ”という事を・・・。まぁ、色々思ったんですけど、よくよく考えてみて其処に『御神体』を頂く事に対して、主人に言わなかったんですよね。それがやはり、仏壇について主人から言われていた事が残っていたんです。心の中...

Read More

御守護願いの在り方   2016年9月⑨

御守護願いの在り方どうしても御守護願いをする時に、神様の御意図と、人間の考え方とかがずれると、御守護願いをしても自分の願いと違う結果が出てくるわけなので、この結果の出方が違う原因が何かということを整理して、“この問題が起きるためには、何年前にどういうことが起きているのか”というようにして遡って・・・、その問題を解決するため、そこに力をいただくのが、メシヤ様から頂く御力なのだ、と、この機会に受け止めて...

Read More

月次祭でいただくのは力     2016年9月⑧

月次祭でいただくのは力だから、こういう事も合わせて私達の布教なのだと考えさせて頂いてですね。世の中の人達は癌にならないように、それから風薬とか平気で飲んでいっているとですね。歳を取った時には皆直ぐ認知症になる危険性があるので、そうした事を防いでいく。それから血圧は特に高いと言ってですね。降圧剤を皆処方されて飲んで、しかしこの降圧剤もやがてはですね・・・。まあ週間現代が一番特集でまとめてくれているの...

Read More

「覚り」の得かたを御垂示 2016年9月⑦

「覚り」の得かたを御垂示楳木代表はい、ありがとうございました。今4人の方から報告いただきましたけれども、メシヤ教本部側からの説明が不十分だったために「覚り」ということを非常に捉えにくい状態で勉強を進めてしまったところがあります。今回『ミクラタナの神様』から御垂示いただいたのは、『ミクラタナの神様』の御意図がメシヤ教にずっと向いた瞬間から、神界の歯車がグルグルとメシヤ教に向けて動いているので、私に対...

Read More

反省の弁こそが「自覚」する事!   2016年9月①

「自覚」心掛けるべき事とは!楳木代表それで、これも先月お話ししました様に、「覚り」というよりも自覚をして行くのだ、と、そういう事を心掛けて頂きたいと思います。今日も支部長代理が随分反省の弁を述べられましたけども、反省の弁こそが「自覚」する事です。そして、自覚すれば、それを行動に表わして行かないといけないので、その行動に表わして行くと、今度10月の月次祭まで行動してみて、家族の会話はどうであったとか、...

Read More

天の数歌に沿って進む御神業  2016年8月②

天の数歌に沿って進む御神業楳木代表それからもう一つはですね、実はこのメシヤ教を、「世界救世(メシヤ)教」復興事業というものを貫徹させるために・・・天の数歌というのはこの世の中が出来ていく数字のですね、意味がありますけれども・・・まず一(ヒト)、二(フタ)、三(ミイ)、四(ヨー)のですね、一(ヒト)というのはこれはメシヤ様が肉体を持って神様が神界から降りて下さって、メシヤ様の身を以てですね、御神業というものが、その当時の霊...

Read More

教団資格と集団浄霊について  2016年5月④

教団資格と集団浄霊について楳木代表お蔭でですね、岡山支部は5月5日に、今まで原田さんのことを「支部長代理」というふうに言っておりましたけれども、5月5日から晴れてですね、「教導師第三位」をいただきましたので「支部長」と呼んでいただくようになりました。しかし、原田さんはまだ設計事務所の経営もありますので、時には奥さんが代行しないといけないので、5月5日からは今度は奥さんが「支部長代理」という立場になりまし...

Read More

本来の日本の霊性を取り戻す 2016年4月④

本来の日本の霊性を取り戻す事楳木代表日本でも同じような構造が見えているので、私達がメシヤ様の弟子として世界救世(メシヤ)教を復興するという事は、本来の日本の霊性を取り戻して、そして日本人が元々持っている優秀な国民性を取り戻してですね、その国民が世界をリードして地上天国を建設するという、メシヤ様の成されようとした事をもう1回取り戻すという事であります。これを崩す為に、二代様はですね『儂の事をメシヤと...

Read More

地上天国建設に薬毒排除は不可欠  2016年3月⑧

地上天国建設に薬毒排除は不可欠楳木代表そうしたことが実は天国人になっていくということでありますので、自分自身が天国人になっていかない限りですね、自分の霊線に繋がる人が天国人になるということは出来ません。しかも、この天国人になるためのですね、不可欠要素の一つはですね、霊性が高まっていくということですし、その霊性が高まることを止めているものが『夜の時代』の癖ですし、この『夜の時代』の癖を形成しているも...

Read More

日本観音教団教義(光号外 昭和二十四年五月三十日)と五六七教教義(光号外 昭和二十四年五月三十日) 2016n年3月③ 

日本観音教団教義(光号外 昭和二十四年五月三十日) ◇…大宇宙を創造され給ひし造物主たる主の大神は、此の地上に天国を顕現すべく太初から大経綸を行 はせ給ひつつあるのである、之が為神の代行者として人間が造られ、又万物は人間の為に造られたる 事を信ずると共に今日迄の歴史はその為の準備工作であり、其時代々々に必要なる人間を顕はし給ひ 夫々の使命を遂行させ御目的を達成され給ふのである。◇…主神の御分霊たる聖観...

Read More

『主神様』に対する神観を明確に 2016年3月①

『主神様』に対する神観を明確に楳木代表 さて、本日『開教の辞』として『世界救世(メシヤ)教の誕生に就て』を拝読させていただきました。ここに記されておりますように、昭和22年の8月30日に宗教法人として創立された「日本観音教団」と、昭和23年10月30日同じく創立された「日本五六七教会」が、昭和25年2月4日に一つになったという事であります。で、3月3日のメシヤ降誕本祝典に御参拝された方には、このそれぞれの教団の教義...

Read More

我々はメシヤ様から病貧争を無くし、真善美の完き恒久平和の理想世界実現をする為の知恵と力を頂いている 2016年2月⑨

◎我々はメシヤ様から病貧争を無くしていく、真善美の完き恒久平和の理想世界実現をする為の知恵と力を頂いている(参加者)あの、主神様のご経綸で、今は薬毒が駄目だと教えて頂いているのですが、『夜の時代』に物質文明を発達させる為に人間を弱らせなければならないというので、薬を禁断の木の実という形で人類に与えられて、弱くしたことで、楽をしたいという気持ちから物質文明をどんどん発達して色んなものが出来てきたという...

Read More

浄化を頂いて・・・、『魂を揺り動かす』   2016年1月⑤

◎メシヤ様をずっと求めて行っていると、全てが明らかになっていく(先生)だから、言葉を明確に理解できる発声ができなかったのかもしれない。「おう、おう、おう」とかいう発声の世界でやっていたかもしれない。我々の中では物凄く勘違いさせられていることがある訳で、京都から二人来ているので、百歳で今でもお元気な翻訳家(川崎桃太京都外国語大学名誉教授)がいらっしゃるのですが、現代の時代劇とかの織田信長の実像、“こう...

Read More

阿弥陀様が観音様に変わった!? ”その御用に携わるということはそういう事  2016年1月③

◎阿弥陀様が観音様に変わった(参加者)私事なんですけど、校正の御用を頂いて、私もやり方も何もわからない中、微々たる力で申し訳ないのですが、直ぐに校正してゲラを送らせて頂いたのですけど、三重支部に。そして、送らせて頂いた日の夜にちょっと不思議な夢を見たのですけど、その夢を見た朝、母が仏壇でお参りしていたら、うちは観音様をご奉斎していないのですが、「中央の阿弥陀様が観音様に変わった・・・」ってうちの母...

Read More

求道心・・・魂の輝きが進むべき道を開く  2016年1月②

《求道心・・・魂の輝きが進むべき道を開く》参加者:世界救世教に入信して以来40年・・・本当にありがたくも恐ろしい時が来たな、と・・・自分は、『夜の時代』の思想が人より強くあったと思うので、所謂「天邪鬼」・・・そういうものが絶えず自分を支配しましたから。でもまあ、明主様一心に見つめて来さしていただいたことは、私の中で揺るぎが無かったと思いますけれども、やはり代表と4年前に初めてお目にかかって、その時も...

Read More

『最上級の詐欺』に遭わない体制づくりを皆で 2015年御降臨祭楳木代表挨拶④

『最上級の詐欺』に遭わない体制づくりを皆で ですから一つ一つ突き詰めると、過去可笑しい中で私達は信仰させられてきたということがありますので、そのことを踏まえて『クライスト教と善悪』の御教えから最上級の詐欺に遭わないという体制を私達はとって行かないといけないと思います。 これからも絶えずこのことを見つめて進ませていただかなければ、折角メシヤ様がこの地上に天国を樹立されようとされて・・・、司会者がお伝...

Read More

『霊と心を浄め、正守護神の霊力を強くし・・・』という御垂示を実践した報告 2015年御降臨祭楳木代表挨拶③

『霊と心を浄め、正守護神の霊力を強くし・・・』という御垂示を実践した報告 本日御報告いただいた方々は、メシヤ様が『何故なら皆は霊と心を浄め、正守護神の霊力を強くして、邪神の頭目と闘って勝たねば天国人となるのは出来ないからである。』ということでありますので、本日報告いただいた方はこの一文にかかっている訳です。それが共通して本日発表していただいた方々からの、我々の学びであります。 最初に報告いただいた...

Read More

『文明の創造』を学び終え御祈願書をお供えする 2015年御降臨祭楳木代表挨拶②

『文明の創造』を学び終え御祈願書をお供えする さて、本日は御神前に各支部、出張所、集会所毎に御祈願書をお供えしていただきました。これは『文明の創造』を学び終えて、次のように御示しになられた主神様の『最後の審判』の進め方を厳粛に受け止めたからであります。 『右の如く悪魔の経綸の中心はクライスト教であるから、最後の審判はそのクライスト教と眷属を抹殺して悪魔の奴隷になっている大部分の人類を解放させるので...

Read More

御神業を進める思いを育てる為に!  2015年4月⑦

御神業を進める思いを育てる為に!  336頁の後ろから3行目に 『古くからの伝説にある支那シナの聖王母であるが、聖王母は月の神の化身であって、其その庭にある桃の木から、三千年目に一度桃の実が生り、之を貴重な宝として、天の大神様に献上するといふ事や、印度インドの伝説にある三千年目に転輪菩薩が生れ、其その菩薩が現はれるや万民は救はれ、此この世は天国楽土になるといふ意味も、今度の事の予言といってもよかろう。そ...

Read More