FC2ブログ

私達の学び 目からウロコの内容

メシヤ教の楳木代表が各支部で毎月開催されたメシヤ講座の主要点を掲載

岡田茂吉全集の拝読を許されて    2017年立春祭⑦

岡田茂吉全集の拝読を許されて岡山支部  原田 舞 本日は、立春祭、誠におめでとうございます。岡山支部青年部の原田舞です。昨年の立春祭で2017年2月3日までに岡田茂吉全集を読みきるという目標を実行していく中で、頂いた御守護の報告をさせて頂きます。最初は、期間内に十分読み終わると少し余裕に考えていました。読むに当たって気になった所はノートに書き留めて進めさせて頂いておりました。仕事もしながらだったので目の...

Read More

電子書籍      2016年12月①

本日拝読した御教えの、受け止め方然も私達がこの地球が創られた45億年前から今日迄の流れを見て行くと、メシヤ講座の中では45億年前に地球が出来そしてその直ぐ後に月が出来た時には、月と地球の距離が近かったので、地球に海が出来た時は潮の満ち引きが非常に激しかったと、その潮の満ち引きがなぜ激しかったかというと、岩石に含まれている成分を海水に取り込んでナトリウムと化合させながら生命の源を作るという事を行いながら...

Read More

悪が極まり善と化す 2016年9月⑤

悪が極まり善と化すそれから、緊急に私に知らせるようにという話があったのですけれども、その中身はですね、『悪が極まっていくと、善になる。』ということも考えておかなければならないのだ、ということでありました。しかし、『善も極まっていくと悪になる。』こともあると。これが大乗の善と、小乗の悪と、それから、小乗の善と大乗の悪との関係であると思われます。複雑なのですけれども、絡み合っているものを今回の御論文で...

Read More

人類の歴史に見つめながら御教え拝読を  2016年5月③

人類の歴史に見つめながら御教え拝読を・・・楳木代表そういう歴史の見方を持った上で、もう一度メシヤ様の御教えに基づいてですね、三千年前に『夜の時代』になったということを理解した上で、それに基づいて御教え拝読をしていかないとですね、メシヤ様の御教えを非常に狭い捉え方をしてしまうことになってまいります。メシヤ様の御教えは人類の歴史をずうっと見つめた上で、私達に御教えを説いて下さっておりますので、その御教...

Read More

御法難の絶望感を打破する御論文 2016年4月⑤

御法難の絶望感を打破する御論文楳木代表そして、ここに書かれているように、戦争は自然淘汰される時期を本来は迎えているのですけれども、この『天地創造記』を書かれた日付を見ていきますと、昭和25年11月20日に発表になられました『世界救世(メシヤ)教早わかり』の中に収録されております。これを考えていくと、昭和25年2月4日に世界救世(メシヤ)教を開教されて、そして、3月11日に『世界救世(メシヤ)教教義』を発表され...

Read More

怯(ひる)まず世界救世(メシヤ)教復興事業を広く進める   2016年3月⑨

メシヤ様御言葉の頂き方楳木代表『最後に言はなければならない事はこれ迄は観世音菩薩の御働きであったから、言はば東洋的であった、然るに時期切迫の為どうしても一大飛躍によって全人類を救はなければならない、とすれば世界的に拡充する必要かおる、世界救世教の名に因る所以である。』メシヤ様はこれ程明確に『世界救世教の名に因る所以である。』という所まで仰っているにも拘わらず、平気で世界救世(きゅうせい)教という名...

Read More

『世界救世(メシヤ)教教義』の具体論とは   2016年3月⑦

『世界救世(メシヤ)教教義』の具体論とは楳木代表ですから、本日拝読をさせていただいた『開教の辞』と、先月拝読をさせていただきました『世界救世(メシヤ)教教義』というのは、何度も何度も・・・『世界救世(メシヤ)教教義』は月次祭の時に必ず拝読させていただいておりますので、その都度、自分の中の覚りを拡げていただきたいと思います。その覚りが拡がった分ですね、メシヤ様の御光が更に強まってきて、皆さん方が取り次ぐ浄霊...

Read More

メシヤ様は昭和二十五年二月四日にメシヤの御働きを愈々行使するという事で、この世界救世(メシヤ)教を開教した  2016年3月④

非常に重大な意義楳木代表それでは次を確認させて頂きたいのですけども『之は、非常に重大な意義があり、勿論神の深き御旨に由るのであって、人間の意図でない事は今更言うまでもない、何時も吾等が唱える処の、霊界に於ける夜昼転換の時期に愈よ入ったからである、之も吾等が常に言う処の仏教の救いは夜の期間中であるから夜の消滅と共に観世音菩薩の御救いの転移進展となるので、一言にして言えば仏滅を意味するのである、従而、...

Read More

世界救世(メシヤ)教教義の我が家(自分)への置き換え方  2016年2月⑪

『抑々、世界の創造主たる主之大御神(ヱホバ)は、此地上に天国を樹立すべく、太初より経綸を行はせ給いつつある事を吾等は信ずるのである』というところを見つめた時にはですね、こういうふうに読んでいただきたいと思います。「抑々、○○家の先祖代々は、この○○家を天国にするために、太初より家系を経綸してきたのである」ということを、自分が信じられるかということです。で、信じられるから仏壇を設けていくわけなのですね。...

Read More

メシヤ様と出会ったということは、説いてくださっている事を自分の物にしていく為。人格的な高まりや霊性を向上させる為  2016年2月⑩

《メシヤ様と出会った意味の理解を・・・》『太初より経綸を行はせ給いつつある事を吾等は信ずるのである』(中略)最初は、助かりたいとかですね、御守護いただきたいということで信仰をしていくのですけれども、信仰をしながらメシヤ様の御教えに触れていく中でですね、そういう高まりを、人間的な高まりを得ていくような信仰をしていかないと、世界救世(メシヤ)教として、教祖であるメシヤ様に出会った価値がほぼないというこ...

Read More

神様の事は、奥の奥にまた更に奥がある   2016年2月⑦

◎神様の事は、奥の奥にまた更に奥がある(参加者)節分と立春の御教えで、昭和29年2月4日のメシヤ様の御講話の中で、国常立尊様の御法難の事をお話になっているのですけど、年代が3000年前のことで古いことではない、というような内容ですが、違う古い年代の御教えでは、国常立尊様のお話は、9000年前とあります。3000年前は『文明の創造』にあるように、伊都能売神皇様がインドに下られた時期ですが、昭和29年2...

Read More

宇宙の誕生と生命の誕生  「世界救世(メシヤ)教教義」の経綸とは  2016年2月⑤

(先生)大体、今科学的には138億年前にビックバーンがあって、今の宇宙が誕生したという事になっておりますけれど、光の速度でずっと拡がっておりますので、私が今宇宙のことを語っておりますけれど、1秒後には宇宙は光の速度で拡がっておりますので、宇宙の事を語ったことにはなっていない。宇宙の一端を語ったという事にしかならないのだと言う位、この宇宙は非常に大きい存在でありますし、この宇宙を造られた主神様の御存在...

Read More

信者が信じる事。信者が精進邁進すること  2016年2月③

『信ずる』 そして次に移って行きますと『今や、世界の情勢は混沌(こんとん)として帰趨(きすう)を知らず、此の時に際し、主神は吾等の岡田茂吉教祖に救世主(メシヤ)の大任を下し給たまい、人類救済の聖業を達成せしめ給たもうを信ずると共に、』ここで世界救世(メシヤ)教教義の「信ずる」が三回出て来ます。之を信じている人が実は信者さんである訳です。主神様がメシヤ様に大任を下し給い、人類救済の聖業を達成させよう...

Read More

『世界救世(メシヤ)教教義』を自分に当てはめて読む  2016年2月⑥

<三重支部メシヤ講座から引用>(先生)それと同時に、過去のメシヤ講座・特選集の中で取り上げているように、この『世界救世(メシヤ)教教義』は同時にですね、自分に当てはめて読んで貰いたいという風にしております。今日Sさんから相談を受けた内容からすると、それに当てはめて考えていくとすると非常に分かり易いと思うね。「抑々S家の初代先祖はこのS家を天国にすべく初代から家庭を営んできたのであることを私は信ずるの...

Read More

『其時代々々に必要なる人間と、必要なる宗教』  2016年2月②

『其時代々々に必要なる人間と、必要なる宗教』そして『而(したが)って、神は其その時代々々に必要なる人間と、必要なる宗教を顕(あら)はし給い、それぞれの使命を遂行させ給うのである』と。 これですねこの『時代々々に必要なる人間と、必要なる宗教を顕はし給たまい』という事は、非常にですね我々の見識を更に広めて行く、そういう御言葉であります。明日もですね「新報道2001」(フジテレビ)がありますけれども、先週の...

Read More

『世界救世(メシヤ)教教義』の成り立ち 2016年2月①

世界救世メシヤ教大任受命の経緯 この世界救世教教義の成り立ちというのが今迄余り説明されてなかったのですけれども、昭和二十五年の二月四日にメシヤ様が世界救世メシヤ教を開教された時に、それまでは通称「天国会」と「五六七(みろく)会」で二つの教団で、御神業を進めて来られました。一つは日本観音教団という、これは中島一斎先生が主宰する教団、それから渋井総斎先生が進めておられた五六七(みろく)教、そういうもの...

Read More

“最上級の勉強”・・・・とは、侵されている概念を払拭する学び!  2016年1月⑦

代表先生○○さん、何か一杯御守護いただいたと噂を聞いて・・・参加者えーすごい御蔭さまで、仕事もそうです代表先生素晴らしいことですね。参加者はい、不思議にね。代表先生それで○○さんは宗教団体ということにはね・・・参加者う~ん、ちょっとね、抵抗があるんですけど。代表先生抵抗があるでしょ?それで来月はですね。本当は来月から『主神様とメシヤ様』の本をスタートしようと思っていたのですけれど、2月に発刊する『入門...

Read More

『天国の福音書・続篇』の『序文』について    2016年1月⑥

『天国の福音書・続篇』の『序文』について代表先生さて、本日はこの『文明の創造』の、本当に最後のページを拝読させていただきました。ここで『天国の福音書』の序文として『救世(メシヤ)教とは何ぞや』という御論文を載せた訳は、これからメシヤ教として『天国の福音書・続篇』を順次出していきますが、もうすでに『主神様とメシヤ様』を発刊していますが、これの『序文』でもあるということです。そして2月に発刊する『入門...

Read More

御教え拝読をさせていただく事で素晴らしい浄化を許される。  2015年9月⑨

□□さんは御教えをほっといても自分で読みたいということで(笑)、御教え全集を求められて、・・詳しくはよく知らないですけども、大変浄化をいただいたそうですね?代表先生ほー、直に聴きたいですね。参加者 体調が逆に落ちてきて疲れやすい、尿が大量に出るんです。代表先生あーそうですか。参加者○○さんに言ったら、「浄化を許されている」っていうことを聞いて安心するんです。代表先生 尿の量が増えたということですか?回数...

Read More

『実に神様の御経綸こそ一糸紊れず洵に整然たるものである。』 2015年9月⑦

『実に神様の御経綸こそ一糸紊れず洵に整然たるものである。』ということの受け止め方については、もう一歩踏み込んで話をしてなかったのですけれども・・・、恐竜によって地固めをずっとさせ、そして恐竜を絶滅させるためにメキシコのユカタン半島に直径11キロぐらいの隕石をぶつけた。その隕石はどこから飛んできたか?ということを、三重支部の月次祭が終わったぐらいから、もう一度「どこから飛ばしたか?」ということをずっ...

Read More

『天地の真理を知る上に於て、経と緯の意味を知ることが最も肝要』 2015年8月⑤

○『天地の真理を知る上に於て、経と緯の意味を知ることが最も肝要』(先生)そういうことを確認させて頂いてまた、本日拝読させて頂いたところに目を向けていきますと、まずですね、『天地の真理を知る上に於て、経と緯の意味を知ることが最も肝要である。』ということですので、インドのバラモン教の中で達磨大師が面壁九年しながら坐禅を組んで天地の真理を知ろうとしたのですけども、天地の真理を知ろうとした時に『経と緯の意...

Read More

 「文明の創造」しっかり拝読する人は変わる   2015年8月②

  《「文明の創造」しっかり拝読する人は変わる》代表:最近の科学的な研究発表を見聞きしていると、現実に地上天国が出来るなぁ、と思うね。学者たちはその分野だけ研究しているのだけれど、我々は御教え全部読んでいるので、主神様の全体の御意図の一部分が分かっているでしょ。その分った中で研究発表をずうっと読んでいくと、地上天国が正に今出来つつある、と・・・しかし、その中心になるものが今無いので、世界救世教が崩...

Read More

鶴見俊輔氏の哲学論”プラグマチズム”を引用して、メシヤ様が、御論文”プラグマチズム”で宗教観を明らかにされる

ある宗教評論家が「世界救世(きゅうせい)教の問題点をこうした点を当て嵌めて考えていった方が良いのではないでしょうか。」と言って送ってくださった資料があります。それは哲学者の鶴見俊輔という人の哲学論で、氏が初めて昭和21年に“プラグマティズム”の概要を書籍で発表しまして、そしてメシヤ様は昭和23年に“プラグマティズム”を御論文の中で引用されてメシヤ様の示される『宗教観』というものを明らかにされておられます。...

Read More

《いばるほど、人は逃げて行ってしまう》 2015年6月⑦

《いばるほど、人は逃げて行ってしまう》代表:もっと聞きたいという所をノートに書き留めていってくれるといいと思うのですね。だから、こういうことを知りたいと思うことを書いていくのです。どんなことでもいいから、もっと知りたいわということを書いてみてください。それがね、今回「いばるナ、おこるナ、はやまるナ」ということで中島一斎先生のことを麻生という作家が書いた文章をね、最後に載せていますけれども、「いばっ...

Read More

『夜昼転換』ということが解れば今後の世界の動向も解って、しかも未来の見当もぼつく 2014年11月③

『成程それには違ひないが、私のいふのは大宇宙のそれであって、此(この)事を知るとしたら、人智では到底想像もつかない程の大神秘を会得(えとく)する事が出来、それによって今後の世界の動向も分り、未来の見当も略(ほ)ぼつくのである。』と書かれています。私たちは信仰の対象をメシヤ様として、そして、メシヤ様の御本体である主神様に向かってお祈りさせていただくときに〝大宇宙のそれ″というところが一番大事になって来るわ...

Read More