FC2ブログ

私達の学び 目からウロコの内容

メシヤ教の楳木代表が各支部で毎月開催されたメシヤ講座の主要点を掲載

私達にとって肝心なこと                       2014年11月⑦

「決心」 次に308頁の10行目にですね、お釈迦様が見真実に達した時に、言われた言葉が出ております。『儂は見真実によって分った事だが、今迄説いて来た多くの経文は、少なからず誤りがあるので、 今日以後真実を説くから、よく之によって正覚を得られよ』と仰せられたので、 『此この時からの経文きょうもんこそ仏法の真髄である事は確実で、それが法華経二十八品ぼんと、法滅尽ほうめつじん経と、彌勒出現成就経である 処が、其...

Read More

教えられて実践して、そして、人格を高めなければ見真実に近づいていくということはできないけなんです。2014年11月⑥

『観音は昼の世界にならんとする、其(その)境目に観音力を揮(ふる)はせ給ふのである。』  参加者 密教とか、法華経は学んだりとかしてないんでしょうかね?  代表先生 密教の祖は誰ですか? (中略)  代表先生 仏教を定着したのは弘法大師ではないので。仏教を定着させたのは奈良時代からずっと為政者がしていったので。  参加者 あ~そうなんですか。  代表先生 密教で人を救っていった訳なんです、弘法大師は。人...

Read More

『仏法発祥の時已に誓約』とは? 2014年11月⑤

『仏法発祥の時已に誓約』  それから最後のページの3行目のところに『其境目に観音力を揮はせ給ふのである。此経綸こそ昔印度に於て、仏法発祥の時已に誓約されたものである。』ということであるので、この『誓約』というところは、もう一つ私達はですね、しっかり確認をしておかないといけないことであろうかと思います。それは、素盞鳴尊がですね、日本に武力を持って約3000年前に押し掛けて来て、そして、その当時の日本...

Read More

日蓮上人によって「夜昼転換」の黎明期を迎えた  2014年11月④

『それから世尊は斯(こ)うも曰(い)はれた『儂(わし)は見真実によって分った事だが、今迄説いて来た多くの経文(きょうもん)は、少からず誤りがあるので、今日以後真実を説くから、よく之によって正覚を得られよ』と仰せられたので、此(この)時からの経文(きょうもん)こそ仏法の真髄である事は確実で、それが法華経二十八品(ぼん)と、法滅尽経(ほうめつじんきょう)と、彌勒出現成就経である。処が、其(その)事を発...

Read More

『夜昼転換』ということが解れば今後の世界の動向も解って、しかも未来の見当もぼつく 2014年11月③

『成程それには違ひないが、私のいふのは大宇宙のそれであって、此(この)事を知るとしたら、人智では到底想像もつかない程の大神秘を会得(えとく)する事が出来、それによって今後の世界の動向も分り、未来の見当も略(ほ)ぼつくのである。』と書かれています。私たちは信仰の対象をメシヤ様として、そして、メシヤ様の御本体である主神様に向かってお祈りさせていただくときに〝大宇宙のそれ″というところが一番大事になって来るわ...

Read More

一段落をつけるために私たちは御神業を進めている。『祈りの栞』は〝節目をつけるために発刊” 2014年11月②

○一段落をつけるために私たちは御神業を進めている『そこで今私が言はんとする処は、世界の大転換に関する主なる点であって何よりも先づ大転換の時期であるが、それは1931年6月15日から始まってをり、1961年6月15日迄の、三十年間で一段落がつく事になってゐる。』  先生 続いて読んでいきますと『従って其(その)転換毎(ごと)に、人類世界にも反映するので、それが霊界の方では絶対正確であるにも拘(かか)はらず、現界へ移...

Read More

『文明の創造』の発刊が何故これほどまでに遅れたのか?  2014年11月①

本日拝読をさせていただいた『霊界に於ける昼夜の転換』というのは、この世界救世(メシヤ)教が開教され、またメシヤ様御自身が最初の創業である大日本観音教団を立教された時、そうしたことに深く関わることでありますし、仏教界からすれば、これは大変問題になる御論文でもあります。そのためにですね、『文明の創造』を最初にお作りなった○○先生は、これを仏教界にお見せになって、この部分の一部を削られております。バチカン...

Read More