FC2ブログ

私達の学び 目からウロコの内容

メシヤ教の楳木代表が各支部で毎月開催されたメシヤ講座の主要点を掲載

お墓の五輪塔は日本の母音が由来  2015年6月⑨

お釈迦様がまだ皇太子の時にですね、悉達(シッタ)太子と言われている時に訪ねて行って、伊都能売神皇様から色々教えを受けております。その教えの中身は一体何かというと、それは日本の教えをお釈迦様に教えたわけです。それが今形として残っているのが、武士などで高い地位で亡くなった人たちのお墓に五輪塔を使ったりしております。この五輪等はですね、一番上から空、風、火、水、地という意味があります。一番上の空は、一切空な...

Read More

いよいよの時、誠だけでは役割を果たすことができない。叡智をいただけるように学ぶ。21015年6月⑧

二大宗教と二大文化 代表先生先月まで仏教の学びをずっと積み上げさせていただいて、今月からキリスト教に入っていきます。メシヤ様は最初にですね『キリスト教は、イエス・キリスト生誕の時から在世中は固より、十字架に懸けられる迄の凡ての事は、微に入り細に渉ってかきつくされてゐるので、今改めてかく必要はないから、私としての今迄何人もかかなかった事柄に就いてのみかく』というふうに書かれておりますので、これから学...

Read More

《いばるほど、人は逃げて行ってしまう》 2015年6月⑦

《いばるほど、人は逃げて行ってしまう》代表:もっと聞きたいという所をノートに書き留めていってくれるといいと思うのですね。だから、こういうことを知りたいと思うことを書いていくのです。どんなことでもいいから、もっと知りたいわということを書いてみてください。それがね、今回「いばるナ、おこるナ、はやまるナ」ということで中島一斎先生のことを麻生という作家が書いた文章をね、最後に載せていますけれども、「いばっ...

Read More

「意味が分からないものは、有り難い」という精神構造が出来てしまった訳 2015年6月⑥

代表先生 先祖を祀る時にもですね、この世の中に生まれないでお腹の中で死んだお子さんはですね、○○児之神霊、というふうに呼び名を付けております。それから年齢がですね、三十歳に満たないで亡くなっている人には、○○比古之神霊、あるいは○○比女之神霊、というふうに呼んで、三十歳以上を毘古之神霊、毘女之神霊というふうにして、その年齢に応じて、亡くなった時の送り名というのが変わってきている。それが根幹にあるようにで...

Read More

「お坊さんにどう話したらよいか・・?」から宗教改革    2015年6月⑤

《お坊さんにはどのように話したら・・・》参加者:お寺のお坊さんは、この解釈とは随分違うのですけど、どう説明をすれば伝わるのかなぁと・・・我が家は真宗なのですけど、メクリ位牌だけでよろしいと・・・それで年に2回位、来てくれなくてもいいのですけど来て下さるのです。それでその時に、どういう説明が出来るかなぁと・・・。代表:仏教自身としては、お位牌がないというのは正しいわけなのです。だから、「さすがですね...

Read More

メシヤ様の浄化論は、生命38億年の流れの中の全てを包含している.2015年6月④

メシヤ様の『浄化論』を科学的に解説 然し一方ではですね、キリスト教を中心にした学問が発展して来た為に、今我々のDNA迄解析する事が出来て、ゲノムというものを全部解読できたという事になっています。それを基にもう一度ですね、地球上の生命の歴史をずーっとゲノムを中心にして見て行くと、今哺乳類が生れてくる寸前にどうした事があったかという事が分って来ておりますので・・・女の人達は子供を育てて母乳がでましたか、母...

Read More

「最後の審判」真っ只中!狂っているようには見えず、もっと進歩的のように見える。これが実は精神病。2015年6月③

その精神病の一番精神病と思えない精神病の一つがですね、自分の子供に迷惑を掛けられないので、墓を始末して仕舞うとかいう考え方です。或いは墓を建てると子供が後責任が来るので、墓を建てずに散骨をする・・・海に行って散骨をするとかですね、樹木葬というのが最近流行ってきているので公園の木の根っ子に自分の骨を砕いて、そして砂のようにして其処に埋めていくとかいうような事が、今ずーっと拡がって来ております。これは...

Read More

縄文時代以前から、徳で治めるために日本で大事にしてきたこと「道法礼節」について 2015年6月メシヤ講座②

インドは「どうしたら徳によって治めることができるのか」というふうに悉達太子が観音様にお尋ねしたところ、その回答というのはですね、恐らく「道法礼節」で説かれていたのではないかなと思います。これは、以前のメシヤ講座でもお話しましたように、道というのは道(ミチ)ですので、何事にも道があるのだ、と。ですから、分りやすいのは、お花の生け方を習う時に「生花教室で習うよりも華道教室で習え」というふうに言われており...

Read More

何故インド発祥の仏教が日本に定着したのか? 2015年6月①

3000年前に素戔嗚尊が押し寄せて来て、大体10万の兵を連ねて来て、そして、伊都能売神皇様に皇位を譲れというように迫った訳なのです。伊都能売神皇様は毅然とお断りになったのですけども、日本人を人質のような取り方をして、命が、日本人の命が危ぶまれたので、それで、皇位を譲る決心を伊都能売神皇様は固めて、そして、天照天皇様にお譲りになって、急遽二十八部衆のみを連れてインドへ降って行かれたのです。それで、補陀洛山...

Read More