FC2ブログ

私達の学び 目からウロコの内容

メシヤ教の楳木代表が各支部で毎月開催されたメシヤ講座の主要点を掲載

生命の進化は浄化作用によって進んできた。浄化を楽しみに受けられるぐらいになろう  2015年9月④

代表先生:科学篇を総括するとですね、科学篇は何を書かれていたかというと、メシヤ様は『病気というものは放っておけば治る』という事を基本に於いて、そして種々の病名に沿って、御解説をして下さっております。病気は放っておけば治るという、その理由はですね、「浄化作用だからである」という事です。この昭和27年当時は、薬毒が中心でありましたけれども、今の21世紀になって来ると化学物質が大変蔓延しております。それで...

Read More

浄霊をして御守護を頂いたら神の実在を認める方向に導いてあげる  2015年9月③

◎浄霊をして御守護を頂いたら神の実在を認める方向に導いてあげること。(先生)お互いに威圧とか、様々なことを日常生活ではしているのですけれども、普段に何気なく話すことの中に、そういう『夜の時代』の癖が出てきますので、その癖に気付いたときにそれを直していくという事を自分は決心するわけです。こういう月次祭とか御教え拝読したときに決心をするのですけど、無意識に癖が出てくるものですから、決心しても無意識にや...

Read More

文明の創造「宗教篇」で 身に付けて欲しいこと 2015年9月②

《文明の創造「宗教篇」で身に付けて欲しいこととは・・・》 それから、次にメシヤ様は『「宗教篇」をかいてきた』と書かれているのですけれども、「宗教篇」を拝読した時に、私達が何をここで腹に持っておかないといけないかというとですね、これは『夜の時代』を形成したところを纏めていただいているわけですので、『夜の世界』を造った最大の原因はですね、武力によって威圧して脅迫をしたり、そうして権力で抑えようとしたと...

Read More

科学篇の真髄は、病気というのは『放っておけば治る』。それは浄化作用であるから  2015年9月①

科学篇を思い出すときに、今素晴らしい状態(浄化を頂いている)の方がいらっしゃるので・・・(笑)、今笑った人は自ずとですね、誰のことを言っているか分かると思います。科学篇の真髄は何かというと、メシヤ様は病気というのは『放っておけば治る』というのが、ずっと繰り返し述べられたことであります。(先生)『放っとけば治る』ということはどういうことかというと、これは浄化作用だからであるのだ、と。浄化作用の中では、...

Read More

各宗教の中でも「改革心」というのがどんどん燃え始めている。メシヤ教はふいごのような役を担って行こう!  2015年1月⑥

代表先生救世(きゅうせい)教のバラモン教が、○○○○会と○○○○会だから。信者さんは痛い目にあった方が喜んでいるわけでしょ?(笑)。「苦しいわ~、ありがたい」ということでやっているわけなんです。 会場 (笑) 代表先生だから、昨日、○○○○会の資格者が「私に会いたい」ということで、岡山支部の月次祭に参列して、早めに昼食会を止めて、2時からその人とずっと話してたんだけど、やっぱり○○○○会の中でも相当改革派がいるんだ...

Read More

浄霊力拝受の後は・・    2015年1月⑤

《浄霊力拝受の後は・・・》参加者:もう一点、浄霊力伝授ですけれども・・・今先生がおっしゃったように、これからは浄霊力伝授もですけれども、今の食の事とか、添加物のこととか、それをしっかり伝えないと・・・。浄霊力伝授も○○さんが、勉強も何もせずにただ浄霊力伝授の紙を書いて本部へ送ることでいいのかなぁ、と言ったことがあるんですけど、浄霊力伝授の凄さは、「5分したら」と言った事で、本当に5分でおしっこする子が...

Read More

メシヤ教の信者さんは三十三間堂に行って、伊都能売神皇様について行った二十八部衆の像を見に行って自分の因縁使命を見つける  2015年1月④

参加者壺坂寺へ行ったらこのバラモン教の絵があって、行ったことないですか?ずっとバラモン教のやってるのからお釈迦様が出て仏教になるというのをずっと絵が書いてあって、ちょうど、『文明の創造』出たばっかりで、読んだ後だったので、“こんなん書いてあるんだなぁ、寺がインドと交流してるみたいで、ちゃんと書いてあるところもあるんだなぁ”と、“分かりやすいなぁ”と思ったんですけども。 参加者それは曼陀羅に?絵巻? 参加...

Read More

現代の時代苦を救う問題点とそれを伝えていくのがメシヤ様の弟子の役目。   2015年1月③

《現代の時代苦を救う問題点、   その1、添加物》さてそれでは、そういうメシヤ様の弟子として、私達は現代にこうやって生きておりますけれども、メシヤ様の弟子として、じゃあ現代はどういうふうに、時代苦を救うということでは考えないといけないかというふうに考えた時にはですね、やはり日本が高度成長期を迎える時に、その時に生まれたのが実は「添加物」であります。今NHKの「マッサン」でですね、日本人がウイスキー...

Read More

メシヤ様の御出現と国民健康保険   2015年1月②

○メシヤ様の御出現と国民健康保険(先生)そこへ善財童子(ぜんざいどうじ)と呼ばれていた若き時代のお釈迦様が訪ねてくるようになって、伊都能売神皇(いずのめしんのう)様が説教をされました。そうした中でお釈迦様は悟りを開きました。当時のインドの人たちが難行苦行によって宇宙の真理を会得しようと取り組んでいるところへ、「読経することによって真理を会得することが出来る」と説いたために多くの人たちが救われました。そ...

Read More

伊都能売神皇様がインドに行かれたのは、世界全体を地上天国にしていくための様々な経綸の一つ。 2015年1月①

《宗教の役割とは・・・》この内容というのはですね、約2600年くらい前にですね・・・、三千年前素盞嗚尊が朝鮮半島から日本へ上陸して、そして武力を以て日本のその当時の統治者「伊都能売神皇」様に圧力をかけて、そして「伊都能売神皇」様は絶対平和主義を貫いて、そして皇位をですね、天照天皇にお譲りになって、そして密かに日本を抜けられ、インドの方へ降られました。そして、お釈迦様がまだ悉達太子の頃にですね、この仏教...

Read More