FC2ブログ

私達の学び 目からウロコの内容

メシヤ教の楳木代表が各支部で毎月開催されたメシヤ講座の主要点を掲載

浄化に対する姿勢、受止め方を明確に! 専従した人はその専従するという因縁使命がある2015年10月⑥

 《浄化に対する姿勢、受止め方を明確に》参加者:○○さんが、先日神経痛になったんです。代表:何もしないでも痛いの?参加者:何もしなくても痛くて、4日間くらいはもたれることも出来ないくらいずうっと痛かったんです。代表:その体型で、神経痛にはならないけどね。(笑)参加者:突然なって、今はだいぶ楽なんです。代表:その体型で神経痛にはならないから、その痛みが出た原因は別の所にある・・・頭にあるのです。参加者:...

Read More

曇りを作らない生活を送る。信仰をすればする程不幸になる訳。  2015年10月⑤

それから大阪支部から載せた内容というのは、世界救世教になって大きく方針が変わったのだけれども、方針が変わった所に既成宗教が積み上げてきたものを、其処に入れて方針を変えたら良かったのですけれども、既成宗教は駄目だという論理だけは残っていて、そしてメシヤ様の御神業を進めるという事については、それをしてない為に非常に宗教性のない教団を作り上げてしまっております。 それはどういう事かというとですね、メシヤ...

Read More

自分の魂を何段階も向上させてもらわないと地上天国は来ない。向上するには初心に帰る事・・・?2015年10月④

参加者 私ちょっと違うこと考えているんですけどね、こうして『文明の創造』を学ばせていただいて、非常に世の中もちょうど呼応してくる感じで、自分等がするしかないんやなと思わされるんですけれども、先月のを見ていくと東西を結ぶ、それはこの御浄霊ということになって、御教えにもあるんですけれども、いや~あまりにも乱れ過ぎて、TPPとか難民があちこちで、内乱とかも一杯あるし、日本の国会はあの通りやし、いや~そう...

Read More

中心に『誠』がなければ ・・・。そして、メシヤ様がお亡くなりになられてからの教団運営 2015年10月③

中心に『誠』がなければ然し乍ら、メシヤ様はですね御自身でこのミロクの世を造るというふうに仰ったのですけれども、残念ながらメシヤ様は120歳までは生きられなくてですね、73歳でその尊い命を閉じられて、神界におかえりになられてしまいました。その為に、このミロクの世は未だ以って出来ていない訳なのです。このミロクの世が出来ない最大の理由はメシヤ様の御昇天にありますし、その御昇天の原因はですね、昭和25年の御法難...

Read More

地上天国建設が遅れた原因  2015年10月②

《現在はミロクの世とは程遠い状態にある》代表:本日は、『ミロクの世の実相』という御教えを拝読させていただきましたけれども、ミロクの世が来た時こういう議会運営がされる、或いは人口調整がされるということをメシヤ様には説いていただいております。ところが、現代を見つめていくと果たしてどうかというと、この前のですね、安全保障関連法の成立、参議院の議場を見ていくと、とてもですね、このような状態ではありませんで...

Read More

月次祭の御光たるや、凄い! 2015年10月①

◎月次祭の御光たるや、凄い(先生)まだ痒そうだね(笑)。今日は非常に涼しかったのだけれどもね、朝ね。「只今から・・・。」と行った瞬間から、暑くなっちゃった。「只今から三重支部・・・。」と言った瞬間からカッーと暑くなってきたから、“月次祭の御光たるや、凄いな”って改めて感じながら祝詞を奏上させて頂いた。(参加者)27度(先生)3度上がっている。10時5分前に見たときは23.4度だったから。今27.3度。...

Read More

「伊都能売観音」様入仏記念式典の意義  2008年10月①

行事の意義の再認識 そこで、本日の式典の意義というものを見つめさせていただきますと、由来の再確認ということがあります。 奥の洞窟の三十三体の観音像とも関係することですが、厳しい自然の前に犠牲者の絶えなかった工事で苦心していた地崎宇三郎氏が観音様の御力徳を耳にして、昭和10年1月7日に「伊都能売観音」様の御下付お願いに来られた、と記録にあります。メシヤ様は承諾をしてから十月十日後の同年10月17日に...

Read More

ご描画の御前に集うことの意義(「伊都能売観音」様入仏記念式典挨拶)2007年10月①

ご描画の御前に集うことの意義 皆様、おめでとうございます。本年も、「伊都能売観音」様の入仏記念式典にそれぞれの所属教団を超えてご参拝させていただきましたことを、非常に目出度く存じます。 宗教宗派というものを超えて入仏記念式典を執り行うことが許されるようになりまして二回目の式典になりますが、更に新たな志をお持ちの方が加わりまして大変喜ばしく思います。 ただ今拝読していただいた御教えの中で『神格』とい...

Read More

建国記念日と外来文化  日本人が頭が悪くなった 2015年2月⑥

建国記念日と外来文化 代表先生 一方ですね、昨日は祭日でして、建国記念日として様々な行事がありましたけれども、ついでに建国記念日は昔は何と言ってましたかね?参加者 紀元節。代表 紀元節ですね。紀元節の紀元はなんですか?参加者 天皇の・・代表先生そう、神武天皇の即位した時ですよね。我々は簡単に、今ですね、素盞鳴尊が武力で治めて、そしてその後治世が乱れたので、それを中国からですね、宮崎の高千穂に来て潜んで...

Read More

◎『アバロキティシュバラ』の御名について  2015年2月④

◎『アバロキティシュバラ』の御名について(質問者)最後の箇所に『そうして観自在菩薩は、終りには観世音菩薩と御名を変へられたのである。之は梵語(ぼんご)ではアバロキティシュバラの御名であったが、後支那(シナ)に於ける鳩摩羅什(くまらじゅう)なる学者が訳され、観世音と名付けられたといふ事になってゐる。』と書かれています。このアバロキティシュバラの名について調べてみました。「アバロキティシュバラ」は「アバロキ...

Read More