FC2ブログ

私達の学び 目からウロコの内容

メシヤ教の楳木代表が各支部で毎月開催されたメシヤ講座の主要点を掲載

ミクラタナの神様の御垂示と祭典後に判明(追加の説明)   2016年地上天国祭②・2010年6月①

ミクラタナの神様の御垂示と祭典後に判明(追加の説明)6年前の地上天国祭にて「ミクラタナの神様」という御存在を明らかにしましたが、そこで、知識を得たという段階で留まっているということに対する教育であることが、編集出版部長から「代表挨拶」の文字起こし原稿が送られてきた際にようやく判りました。通信は様々な言い回しで伝えられたので道筋というものが見えてこなかったのですが、これは、私自身の肚から沸き立つもの...

Read More

視力の改善と共に緑内障にも御守護  2016年地上天国祭

視力の改善と共に緑内障にも御守護岡山支部 徳田研理 皆さま、地上天国祭おめでとうございます、岡山支部の徳田研理と申します。私は、平成26年6月15日の「地上天国祭」に於いて「脳溢血の麻痺に御守護をいただく」という題で名前をT.Kとして色々な都合上イニシャルで体験発表させていただきましたが、もう問題無くなったので、この度は実名で発表させていただきます。よろしくお願い致します。 以前報告した概要以前報告させて...

Read More

「教・論・律」について    2006年3月、7月、12月 2016年5月

メシヤ講座メシヤ講座は「教・論・律」の確立を目指して学び合いをする場です。・「教」とは、岡田茂吉教祖の全論文、全講話、全詩歌です。・「論」とは、「教」に照らして世の中を見つめ周辺に起きる事象を判断することです。・「律」とは、論に基づいてどのように生活をするかということです。メシヤ様の御教えを基にして世の中を見つめ、周辺で起きる事象を判断して自らを見つめ、どのように生きるかを求めます。メシヤ様の御存...

Read More

編集出版事業は、教・論・律を明確に提示して衆生(しゅじょう)を済渡(さいと)すること  2016年5月⑮

楳木代表編集出版事業はメシヤ講座の願いと同様、教・論・律を明確に提示して衆生(しゅじょう)を済渡(さいと)することにあります。つまり時代に移写する御神意を覚ることにより、抱える問題を解決して、時代に生き生きと生きることができるように導く、という本来の宗教の役割を果たすことを目指す取り組みです。)竣成記念大祭平成28年5月楳木代表要するに、御教えとそれに関する考え方、これは「教・論・律」になってきます。...

Read More