FC2ブログ

私達の学び 目からウロコの内容

メシヤ教の楳木代表が各支部で毎月開催されたメシヤ講座の主要点を掲載

〝謝る″ことを解って『浄霊』をすると、世の中が転換してくる。  2015年4月⑧

○〝謝る″ことを解って>『浄霊をすると、世の中が転換してくる。

(質問者)
『阿彌陀(あみだ)は神素盞嗚(かむすさのお)尊である。』という箇所がどうも良くわかりません。わからないということがわかったのですが・・・。

(先生)
このあと、素盞嗚尊が日本へ押し寄せてきて、伊都能売神皇の地位を狙って、天照天皇に皇位を譲られました。しかし天照天皇を殺してしまったので、伊弉諾尊様の御勘気にあわれて西洋へ渡るときに分身して一方はイエス・キリストを守護して一方は阿彌陀という形で御釈迦様の弟子に入っていって極楽浄土を造るということで罪の贖いをされたということです。

阿彌陀の世界だから大仏を造る、〝大仏を造るということは世界を支配する″ということでイエス・キリストと阿彌陀は繋がっているのです。

このように構造を繋いでいくと、ある程度理解できるのではないかなと思います。

(質問者)
全部、素戔嗚尊に支配されてますね。物質中心の世の中ですからね。

(先生)
そこで3000年目に出て来られたのが天照天皇様なのです。

天照天皇様が出てこられたので『夜昼転換』してその転換が出来たから浄霊力』が身についてくるわけですので、メシヤ様が『素戔嗚尊は私に謝らなければいけない』と仰せになられたのはそのような内容を謝らないといけないということなのです。

その謝ることを信者さん方が解っていって浄霊をしてくるとこの世の中が転換してくるのです。

わからないでただ漫然と「浄霊すると楽になるわ」というだけの信仰をしていますと天国は永遠に来ないのです。

①3000年前に素戔嗚尊が日本へ押し寄せて来て伊都能売神皇様の地位を犯そうとしたこと。
②皇位を譲り受けた天照天皇様を殺してしまったこと。


これを謝らないといけないのです。

(質問者)
キリストが磔になったのは罪の贖いということですが、これがメシヤ様にお詫びをされたということになるのでしょうか。

(先生)
一つの形として〝実態はお詫びをしていかなければいけない″キリスト教の象徴として十字架があるのですね。

その偶像崇拝を否定しているイスラム教が今最後の夜昼転換を実現させるために、キーマンになっているわけです。イスラム教の信仰がわかっていかないと世界の三大文明がわかっていかないのです。

ですからイスラム教が中心になって原理主義で活動しているということを通して人民全体がイスラム教とは何か?イスラム教はどうして出来たのか?そういうことを研究してその中にあるキリスト教の中で問題があるためにイスラム教が出来たという歴史がわかれば世界の成り立ちがだんだんわかってくるので、そこでこの文明の創造のを出せば三つの文明がスっと纏まってくるのです。そうなった時に地上天国が出来てくるわけです。

全部〝日本の神様が造ったのだ″ということがわかればね。

イスラムの人たちはコーランを通して勉強しているわけですのでそれは理解しているのです。しかしコーランにプラスしてキリスト教の考え方がそこに加わっていくと今のような原理主義が生まれてくるわけです。ジハードも異なった意味に変わってくるのです。聖戦というのはそういう意味ではないのでね。

〝人の命は奪ってはいけない″という考え方がコーランの中にはあるのですが、原理主義になると〝これは聖戦だから良いのだ″と。しかしこれは十字軍と同じ考え方の聖戦になってくるわけですから。十字軍の考え方がイスラム教の中に入っていってしまった。元々のコーランはあのような教えではないのです。元々のコーランを思い出させないといけない時期に今来ているのです。

元々の人たちは平和を維持していきたいのです。しかし部族主義ですので民主主義を中々理解できないところはあるのです。部族の主張通り動かなければいけないという考え方でズーッと来ているのです。日本も元々部族主義的なところがあったのです。

それが今残っているのは三内丸山遺跡を見つめていくと縄文時代に集落の運営をどのようにしていたかというのが実像として残っていますのでわかります。

それで遺跡から翡翠とかも出てきておりますので、翡翠は新潟の方で採れるものですが青森の方にはないわけです。そういことから新潟の地方と貿易をしていたということがわかるわけです。

みんな三内丸山遺跡を見に行った方が良いと思いますよ。縄文時代の素晴らしさが良くわかると思います。10月に札幌の帰りに寄っても良いね。
;2015年4月メシヤ講座三重

2015年4月の御教えは文明の創造『宗教篇』「彌勒三会」333ページです
<学び>
今、世界中の問題となっているイスラム国のことが『文明の創造』発刊に繋がってくるとは・・・・
正に時は今ということのようです。

関連記事

タグ:イスラム教 素盞嗚尊 浄霊 文明の創造

Comment

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント