FC2ブログ

私達の学び 目からウロコの内容

メシヤ教の楳木代表が各支部で毎月開催されたメシヤ講座の主要点を掲載

『文明の創造』を学び終え御祈願書をお供えする 2015年御降臨祭楳木代表挨拶②

文明の創造を学び終え御祈願書をお供えする

 さて、本日は御神前に各支部、出張所、集会所毎に御祈願書をお供えしていただきました。これは文明の創造を学び終えて、次のように御示しになられた主神様の最後の審判の進め方を厳粛に受け止めたからであります。

 『右の如く悪魔の経綸の中心はクライスト教であるから、最後の審判はそのクライスト教と眷属を抹殺して悪魔の奴隷になっている大部分の人類を解放させるのでなくてはならないのは当然であろう。』

 但し、ここで基督教についての御記述に対して注意しなくてはならないことは、メシヤ様御自身は御論文『九分九厘と一厘』において

 『これは歴史をみれば判るごとく、悪によって一時は成功したように見えても、いずれは必ず失敗するが、それに大部分は無頓着であったのである。従って歴史とは悪による成功と、悪による失敗との交互連続の記録でしかないと言えよう。右のように夜の時代は悪の力が強いため、その犠牲となった善者も少なくなかった。特にそれが宗教家に多く、最大な犠牲者としては、彼のキリストであった。私といえどももしその時代に生まれたとしたら、いかなる苦難に会ったかも分からないが、いつも言う通り今や夜が終り、黎明期に一歩入った現在であるから軽く済み、予定通りの進展を遂げつつあるのである。』

と論じられていることから、イエス・キリストついて御批判を加えている訳ではありません。メシヤ様が御指摘になられているのは『最上級の詐欺』によって勘違いさせられていることなのです。宗教の対立ではなく、人類共通の願いである『悪魔の奴隷』からの解放を進めるための問題提起なのです。

 現時点では吹けば飛ぶような規模である私達に課せられた使命でもあります。冒頭お話ししましたように、メシヤ教立ち上げの頃に既にサタンが手を打とうとしました。しかし、天照大御神様が救いの手を差し伸べてくださいました。そのように正邪の戦いは幾重にも重ねられていることなのです。そして、正神側のためにメシヤ様が御準備されているものが次の内容なのです。

 『その為の福音書拝読で、その為の浄霊で、その為の幽玄力で、その為に私が生まれてメシヤ教を創立したのである』

という内容です。この御垂示に沿って皆さん方に御祈願書をお作りいただいた訳であります。
2015年御降臨祭挨拶


2016年1月の御教えは文明の創造『天国の福音書』序文「救世(メシヤ)教とは何ぞや」380ページです
<学び>
『悪魔の奴隷』からの解放を進めるのが私達の使命!?
そのための祈願書作成だった。
そして、私たちに用意されたものが、福音書拝読、浄霊、幽玄力、メシヤ様のメシヤ教
とてつもないことが、スッキリと纏められております・・・・・w(゚o゚)w
関連記事

タグ:文明の創造 祈願書 キリスト 最後の審判

Comment

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント