FC2ブログ

私達の学び 目からウロコの内容

メシヤ教の楳木代表が各支部で毎月開催されたメシヤ講座の主要点を掲載

ご先祖様も一緒に参拝される。先祖と伴に御神業を進めよう!!  2016年1月④

◎ご先祖様も一緒に参拝される。先祖と伴に御神業を進めよう。

(参加者)
今朝ですね、月次祭、メシヤ講座に参加する前に、いつも自宅で仏壇に一昨年前に父が亡くなっているので、
父に「一緒にご参拝しようね」と言って出てくるのを習慣にしていたのですけど、今日はどういうわけか、
先祖様全員に向かって「一緒に行きましょう!」みたいな感じでお祈りさせて頂いて、出てきたのですが・・・。

それからですね、滅茶苦茶嬉しい気持ち、なんというか、自分自身の感覚というよりか、なんか受けてる、なんかに影響されて感じているような不思議な感覚だったんですけど、なんか一人で笑みがこぼれるというか、変なんですけどね、傍からご覧になったら変な人がいるぞと思われるような状態で、なんか嬉しいんですね。そんな状態で、不思議な感覚だなってずっと思って来たので、メシヤ講座でこの不思議体験をご報告しようと思っていたのですが、本日こちらに寄せて頂いた際にちょっと「爽やかだ」というか、「なんか違うような感じを受ける」と言って頂いたので、“今日は喜んで沢山のご先祖が付いて来たのだろう”なって。そんな感じを体験させて頂いたんで、ちょっとご報告させて頂きたいなって思っていたのですが、先生の方からお言葉を頂いたので、式典前に先にご報告させて頂いた次第です。

(先生)
やっぱり、霊界というところは、厳しいので、
「お父さん一緒に行きましょう」と言ったら、お父さんしか行けない訳なので。参拝者がね、行くところに先祖が付いて行きたいと思うけれども、何も言わなければ、先祖はみんな付いてくるのだけど、お父さんと限定した以上は、他の人はダメなのだ、と、いうことで。それが「皆さん」と言ったら、その瞬間からその先祖の喜びたるや大変なものだと思う。それだけ月次祭の御光というのは月々ずっと高まっている、強くなっているので、先祖は“浴したい”という気持ちがあるけど、「俺たちは誘てくれないからな」って、「ぶう」「ぶう」言っていたと思う(爆笑)。

(参加者)
その辺は反省しました(笑)

(先生)
だけど、そうやってね、声を一言掛けただけで、それだけ先祖が喜んでくれる。それが自分の中の喜びに映ってくるわけですね。有難いことですね。先祖と伴に御神業をですね、お二人のご報告から改めて、“一層御神業に臨ませて頂きたいな”っという思いを高めて頂ければ大変有難いと思います。
2016年1月メシヤ講座三重


2016年1月の御教えは『文明の創造』『天国の福音書』序文「救世(メシヤ)教とは何ぞや」380ページです
<学び>
私もこれからは「一緒に行きましょう」と声をかけさせていただきたいと思います。
関連記事

タグ:仏壇 霊界 先祖 声を掛ける メシヤ講座

Comment

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント