FC2ブログ

私達の学び 目からウロコの内容

メシヤ教の楳木代表が各支部で毎月開催されたメシヤ講座の主要点を掲載

信者が信じる事。信者が精進邁進すること  2016年2月③

『信ずる』

 そして次に移って行きますと
『今や、世界の情勢は混沌(こんとん)として帰趨(きすう)を知らず、此の時に際し、主神は吾等の岡田茂吉教祖に救世主(メシヤ)の大任を下し給たまい、人類救済の聖業を達成せしめ給たもうを信ずると共に、』
ここで世界救世(メシヤ)教教義の「信ずる」が三回出て来ます。
之を信じている人が実は信者さんである訳です。
主神様がメシヤ様に大任を下し給い、人類救済の聖業を達成させようとされたのだ、という事を信ずる人が、実は世界救世(メシヤ)教の信者さんである訳なのです。
ですから最初に主神様の御経綸を信じる人。
それから今日迄の人類史は地上に天国を造る為の準備工作に外ならないという事を信ずる人。
そして主神様がメシヤ様にメシヤの大任を下し給って、人類救済の聖業を進めようとされたのだという事を信ずる人。
この信ずるという人が、はじめて世界救世(メシヤ)教の信者さんであるんだ、という事ですので、こういう事を再認識しておいて頂きたいと思います。


『精進邁進』

そして『人類の三大災厄たる病貧争を根絶し、真善美の完まったき恒久平和の理想世界実現を目標として精進邁進せん事を期するものである。』

 精進邁進せん事を期して皆さん方は入会して来た訳なので、“精進邁進しているか”という事・・・(笑い)
これね、入会の時に、こういう事を念押していなかったのですよね、世界救世教時代・・・何でも良いから入信させようという事で教修して、
当時一万円とか三万円とかを受け取って、入会させた訳です。
然し本来は、「人類の三大災厄たる病貧争を根絶し、真善美の完き恒久平和の理想世界実現を目標として精進邁進する御覚悟はございますか」と言って、
入信して貰わなければいけないのだけれども、そんな事をしてないで、皆に安心して貰っている所にですね(笑い)
今更そんな事を言われても(笑い)と私も各地で・・・言った人はいないけど目が、今更そんな事を言ってもというような目で見られました。
私を見詰める人非常に多かった(笑い)
2016年2月メシヤ講座出雲

今月のみ教えは『入門と奥座敷』60ページ『世界救世(メシヤ)教 教義』です
<学び>
大変短い文章の中に明解に私たち信者の信じているべきこと、
そして精進邁進させていただくべき事が収められているのが良くわかりました。
関連記事

タグ:世界救世(メシヤ)教教義 信者

Comment

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント