FC2ブログ

私達の学び 目からウロコの内容

メシヤ教の楳木代表が各支部で毎月開催されたメシヤ講座の主要点を掲載

メシヤ様と出会ったということは、説いてくださっている事を自分の物にしていく為。人格的な高まりや霊性を向上させる為  2016年2月⑩

《メシヤ様と出会った意味の理解を・・・》


『太初より経綸を行はせ給いつつある事を吾等は信ずるのである』

(中略)

最初は、助かりたいとかですね、御守護いただきたいということで信仰をしていくのですけれども、信仰をしながらメシヤ様の御教えに触れていく中でですね、そういう高まりを、人間的な高まりを得ていくような信仰をしていかないと、世界救世(メシヤ)教として、教祖であるメシヤ様に出会った価値がほぼないということになっていきます。

メシヤ様に御縁をいただいたということは、メシヤ様が説いて下さっていることを自分のものにしていく為に信仰をしていくわけなので・・・そして、それを自分のものにしていかないと、人格的な高まりや霊性を向上させるということには中々繋がっていかないところがあります。この「世界救世(メシヤ)教 教義」を、いつも、月次祭の度に拝読をさせて頂くということは、そういうことを確認させていただく為に拝読をしているのだ、というふうに受け止めていただければ、ありがたいと思います。

『従而、神は其時代々々に必要なる人間と、必要なる宗教を顕はし給い、それぞれの使命を遂行させ給うのである。』
というふうに書かれておりますが、従而、神は其時代々々に必要なるですね、偉大な人を輩出して、その人達によって人類史を導いて下さったわけです。それから、我々の悩みを解決する為に色んな宗教が生まれてきて、そしてその宗教によって自分達の心がですね、癒されたり高められたりしながら、今日を迎えて来たのであるのだ、ということでありますから、これは人類史の見方を前で纏めていただいているということでありますので、メシヤ教の信者さん程、この人類史というのを、この「世界救世(メシヤ)教 教義」に基づいて、いつも見つめていくという、そういう癖をつけていただければ大変ありがたい、というふうに思います。
2016年2月メシヤ講座岡山


今月のみ教えは『入門と奥座敷』60ページ『世界救世(メシヤ)教 教義』です
<学び>
日々、人格的な高まりや霊性の向上に励ませていただいて、はじめて信仰しているといえるのでしょう
「世界救世(メシヤ)教 教義」は簡潔に纏められていて解りやすいと思い込んでいましたが、何かとっても奥が深いようです。(゚д゚)
関連記事

タグ:世界救世(メシヤ)教教義 霊性の向上 宗教 信仰

Comment

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント