FC2ブログ

私達の学び 目からウロコの内容

メシヤ教の楳木代表が各支部で毎月開催されたメシヤ講座の主要点を掲載

『御教え』を絵にかいたような浄化を頂く!  2016年3月⑤

『御教え』を絵にかいたような浄化を頂く!


楳木代表

次を拝読しますが


『以上の如く霊界が昼となる以上、之が現界に移写するに於ては、夜の文化は当然不用なものは滅び有用な物のみが残る事となるのは当然である。それのみではない、長年月に渉る暗黒時代によって人類の罪穢の少なからず堆積せる以上、それの清掃作用が行はれなくてはならない。』



この清掃作用が行はれなくてはならないという事の下に、浄化を我々は許されているという事なのです。私も、今日は右足膝が痛いのですけれども、これは三月三日箱根まで、本部の一日祭を終えてから車で走って行って、それで三月三日の御祭りを終ってから又車で本部へ一旦帰って来て、それで月次祭を執り行って、また、今出張に出ておりますので、此処まで来ると5500㎞をずーっと走ったことになります。この膝を使いすぎている為に、ここの出来物を切った時の消毒薬が残存していると見えて、メシヤ様は神経を使う所に薬毒が集合してくるというふうに言われておりますので、ここを使い過ぎた為に、ここに薬毒が集合してピリピリした痛みを出しております。動かし方によってピーンと響くというような・・・そんな薬毒の今溶け方をしております。然しこれも走りながら手術の所を淨霊するとかなり穏やかになって来ますので、成程消毒薬の恐ろしさというのは、凄いしつこさと痛みを伴うなというふうに思います。


このように清掃作用という事を神様側ではされているので、それによって我々の上にもですね浄化作用として起きて来ます。この事が分かってないと浄化は有難く感謝で受け止める事が出来ません。どうしても“又悪くなった、どうしょうか”というような話になってくる。然し神様の御心によって、暗黒時代によって人類の罪穢の少なからず堆積せるから、それを清掃作用として浄化を頂いているのだ、と受け止めると、この三千年の流れの中で今浄化を頂いているという感謝の気持ちが沸々と湧いてきます。繰り返しますが、この事が分かっていないと“どうして、又、こんな痛みが出るのだろうか”という話になってしまいます。



メシヤ教の中でも、三月三日に「真症癌」を患ったお二人が御守護報告をして頂きましたので、岡山支部HPと鎌倉支部HPで体験記を掲載しておりまして、もう少して私の挨拶を掲載しますので、その時には二人の体験記を載せて行きたいと思います。こうやって「真症癌」を御守護頂くとですね、本来の「魂」に戻って行くので、取り分け鎌倉支部から発表した人は、メシヤ教に去年から繋がってくるようになって、本来のこうした事が分かって来始めて「御神体」を頂いた日から「真症癌」の浄化に陥って、ヌラは出るは、手は腫れあがって振るとバタバタと膿が飛び散るくらい身体の中から毒素全部出して行って、出し終わった段階で、やはり自分の家系の深い因縁を解消する為に専従したにも拘らず、定年したら布教活動というのから離れて、本人が言うには甘い所で余生を過ごそうとした事に対して非常に猛反省して、現在75歳なのですけれども、元々布教していた広島に家を借りて其処を拠点に開拓布教に取り組むという事で、4月からは其処へ夫婦で移って、この「入門と奥座敷」を配りながら布教活動するという、そういう決意を述べてくれた発表です。これは全ての因縁による毒素、罪穢れをこの清掃作用によって出さして頂いたから、本来の因縁使命が、また甦って来たという事であります。


もう一人は疥癬の浄化を頂いて・・・一番酷いのが10月の時が酷かったのですが、奥さんと本人が立っている前を、皆前を通る時に気付かずに“今日は奥さんは親を連れて来ているのかな”と思って通り過ぎた位、もう年寄りの顔になってしまって、顔の相から行くと死相が出ていたのですけれども、本の校正を三重支部に担って貰っているので、もう少し生きといて貰わないと私も御神業上困るので、メシヤ様にお願いしながら顔まで行ってしまったけど「何とか現界で御用をお許し頂きたい」という事で、お願いしておりましたら何とか元へ戻って来て、三月一杯休職届を出しているのですけれども、また四月から復職できる位体力が戻って来ましたので、仕事に就くようになったのです。


そうしましたら、今回お陰様で270坪の古民家を買うことが出来て、本当にバタバタと決まったのですが、四月八日に三重支部の移転と遷座祭を兼ねた月次祭を・・・お釈迦様の誕生日なので色々重なって目出度いのですけれど、そういう所に移るようになりました。やはりメシヤ様の御用にお使いいただく為には、そういう浄化も頂くのだというふうに仰っている通り、その「御教えを絵にかいたような浄化を頂いて」新たな地で御神業を推進出来るようになりました。


之が兎に角『暗黒時代によって人類の罪穢の少なからず堆積せる以上、それの清掃作用が行はれなくてはならない。』という事の上に、浄化が起きてるという事を我々は強く認識しておかないと、少々薬を飲んでも良いのだという話が、ベラッと悪魔の囁きが出て来ます。この教えをしっかり肚に入れて置かないとそういう事が出て来ますので、充分この辺はですね心に留めておいて頂きたいと思います。
2016年3月メシヤ講座出雲

今月のみ教えは『入門と奥座敷』55ページ『世界救世(メシヤ)教の誕生に就いて』です
<学び>
浄化は3千年間の堆積した罪穢の清掃作用であると、しっかり肝にいれておきたいものです。
関連記事

タグ:浄化 因縁使命 清掃作用

Comment

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント