FC2ブログ

私達の学び 目からウロコの内容

メシヤ教の楳木代表が各支部で毎月開催されたメシヤ講座の主要点を掲載

御法難の絶望感を打破する御論文 2016年4月⑤

御法難の絶望感を打破する御論文

楳木代表

そして、ここに書かれているように、戦争は自然淘汰される時期を本来は迎えているのですけれども、この天地創造記を書かれた日付を見ていきますと、昭和25年11月20日に発表になられました『世界救世(メシヤ)教早わかり』の中に収録されております。

これを考えていくと、昭和25年2月4日に世界救世(メシヤ)教を開教されて、そして、3月11日に『世界救世(メシヤ)教教義』を発表されて、様々なものを整えていこうとしたにも関わらず、5月に御法難にあわれまして、そういうものが頓挫してしまいました。

いろんな制約を受けるようになったのですけれども、その中でも、やはり11月には、この『世界救世(メシヤ)教早わかり』を発表されて、その中に、天地創造記を発表していたという、メシヤ様が絶望の中にいるような御法難の中にあわれた時に、今までの原稿や、御啓示を整理されて、皆にわかりやすいように、この天地創造記をお書きになられた、と捉えて拝読して頂ければ、読み方がさらに変わってくるのではないか、と思います。
2016年4月メシヤ講座鎌倉


今月のみ教えは">『入門と奥座敷』34ページ天地創造記です

<学び>
メシヤ様は苦境の中にあっても、信徒が理解しやすいように心を砕き、御教えを書き残してくださり、本当に有難いことです。
関連記事

タグ:御法難 天地創造記

Comment

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント