FC2ブログ

私達の学び 目からウロコの内容

メシヤ教の楳木代表が各支部で毎月開催されたメシヤ講座の主要点を掲載

良い医者と悪い医者の見分け方  2016年4月⑦

良い医者と悪い医者の見分け方
楳木代表
それで、次はですね、良い医者と悪い医者の見分け方というのを優秀な医者が言っております。優秀な医者というのは安易にを出さない、安易にを出さない医者が優秀なのだ、と。そして、複数のを直ぐに処方して出してしまうという医者は「恐らく、その病気の直し方というのをさっぱり分からない医者がそれだけのを出すのだ」という事を最近ではテレビで明確に言うようになってきました。患者さんがきて、その病気に対して、「そのでも出しときなさい」とでも言って指示をする医者がまだまだ多い訳でありますので、その中にどっぷりと浸かってしまっているという事です。

目標を明確にする
楳木代表
それから、昨日大阪の方で大変呆れてしまうような話がありました。身籠った娘さんがもう出産予定日に近付いてきたので医者が「何日に陣痛促進剤を打ちましょう」という話をし始めているという訳ですね。予定日より10日位遅れても何ともない訳なのですが、もう陣痛促進剤を直ぐに打つ体制を医者は敷いて、そして、信者さんの親は、「そんなことをしてはいけない」と、娘なり、嫁なりに言うと、医者が陣痛促進剤を打とうと言っているのに、「なんでお母さんは止めるのだ」という話になってしまう訳なので、そのようなけしからん医者達が私達の子孫の出産に携わっているという、この恐ろしい現状が今ある訳です。この現状を打破しない限り、『地上天国建設』というのは誠に絵に描いた餅になってしまうという事であります。この世の中の一つひとつの問題点に救いの手を差し伸べていく訳ですので、メシヤ様によって、本日学ばせて頂いたこの御論文を根底に置いて、科学的に色々検証している内容をそこへ繋いでいって、説明できることを我々の頭の中にずっと作り上げて行って、そして人救いをさせて頂きたいと思います。

「そんなこと私、学校の勉強もあまり得意でなかったし、できないわ!」というのが、今まで廻って来る時の反応にありました。しかし、人間というのは目標がなかったので、勉強をしない時期もあった訳です。目標が明確になれば、勉強というのは幾らでもするようになっていく訳ですから、これから人を救っていく、地上天国を建設していく為に、色んな情報を持ち寄って、〝御教えに照らして考えるように致しましょう!″という事をお願いしながら今ずっと移動しております。

経済活動をする為に実はは出ている
楳木代表
これから、一番の、この世の中の問題点は薬剤師の人達が、医者よりも薬の事が分かっていて、〝薬をこれ程出してはいけない″と思っているのですが、薬剤師の協会では、薬を出すという事は、病気を治す為ではなくて、「これは経済活動だ」という事で捉えているという事であります。だから、経済活動する為に実は薬は出ている現状をまず我々はしっかりと腹に入れておかないと、この世の中を救っていくという事は中々難しいという点が一つと・・・。

こだわり過ぎると、生命体の本質を見失う
楳木代表
世の中は、今私は61歳ですが、私が中学生の頃、今から50年位前からの学校の姿勢というのは、私が最初に印象深く話を聞いたのは、その当時、トイレットペーパーが出始めた頃ですけど、今二重になっているのと、一重になっているトイレットペーパーがあります。「これを何重にした場合、お尻を拭いても、手に菌が付かないか」というような事を真剣に話す教師がいました。「一回巻いた位ではまだ細菌が付いている。だから、今度は石鹸で手を洗わないといけない」と、そういうことをとうとうと話している教師がいました。そういう話を真に受けた人間とそうではない人間とで、その後の人生にこだわりが生まれたか、生まれないかという、このトイレに行くという事についてのこだわりについての分かれ道がありました。そして、その人達が親になって子供ができて、その子供達をこだわりのある親が育てた場合、その子供達はこだわりをもって孫を育てる訳です。その孫達が今成人を迎えてまた、子供を産もうとしている訳なので、その分かれ道をこだわった道を歩んでいる方々というのは、非常な清潔感のこだわりを持って生きているという事。

しかし、こだわり過ぎると、生命体の本質が分からなくなってきます。「トイレに行って菌が付くから」と言いますが、その菌の中には2種類あって、肛門の快闊筋を保持する為の菌もそこにある訳ですので、良い菌と害を与える菌と両方あるという認識を持たないと、これは一種の精神病状態に陥ってしまいます。そういう中にどっぷりと浸かっている方々が大勢いらっしゃるので、これから人々を救うという事は至難な業である部分もあります。それだけに、ちょっとでも、テレビとか新聞とかネット上で気になることがあったら、直ぐに濵口さんの方に電話なり、メールなりを入れて、「こんなのを見たのだけれども、どうなのでしょうかね?」と絶えず確認をして行って頂きたいと思います。そうしなければ大きな荒波に流されつつ、世の中は動いておりますから、そこを救うということは中々出来難い状態になっていきます。どうか、そうした事も心掛けて頂きたいと思います。
2016年4月メシヤ講座三重

今月のみ教えは『入門と奥座敷』34ページ『天地創造記』です


<学び>
確かにお医者さんの話から受ける影響は大変大きいものがあります。
近年、段々にメシヤ様の御教えを裏付けるような発言をしてくれるお医者さんが増えてきているので、そういうような事をキチンと学んで、お伝えできるようにならなくてはいけないなーと思わされる日々です。
関連記事

タグ:医者 薬剤師

Comment

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント