FC2ブログ

私達の学び 目からウロコの内容

メシヤ教の楳木代表が各支部で毎月開催されたメシヤ講座の主要点を掲載

日蓮上人によって「夜昼転換」の黎明期を迎えた  2014年11月④

『それから世尊は斯(こ)うも曰(い)はれた『儂(わし)は見真実によって分った事だが、今迄説いて来た多くの経文(きょうもん)は、少からず誤りがあるので、今日以後真実を説くから、よく之によって正覚を得られよ』と仰せられたので、此(この)時からの経文(きょうもん)こそ仏法の真髄である事は確実で、それが法華経二十八品(ぼん)と、法滅尽経(ほうめつじんきょう)と、彌勒出現成就経である。処が、其(その)事を発見されたのが彼(か)の日蓮上人であって、上人は此(この)発見によって他宗教義悉(ことごと)くは見真実以前に説かれたものであるから、真実ではない。独り我法華経こそ仏法の真諦(しんたい)であるとして、・』

 先生 次に308ページの釈尊の見真実に達した話が出ていますが、

『儂は見真実によって分った事だが、今迄説いて来た多くの経文は、少からず誤りがあるので、今日以後真実を説くから、よく之によって正覚を得られよ』
と仰せられたので、此時からの経文こそ仏法の真髄である事は確実で、それが法華経二十八品と、法滅尽経と、弥勒出現成就経である。処が、其事を発見されたのが彼の日蓮上人であって、上人は此発見によって・・・「他宗教義悉くは見真実以前に説かれたものであるから、真実ではない」と言って、一大獅子吼となったのです。このことを、お釈迦様が見真実に達してわかったことを日蓮上人が発見したからこそ、『夜昼転換』の黎明期を迎えたということです。

 日蓮上人が中国に行って、万巻全部のお経(原書にて)を読んでこのことがわかったので、今の日本は真実ではないということで、この仏教を本来の在り方に改革をしていかないといけないと決心を固め、伊勢神宮にお参りに行っています。そして伊勢神宮で天津祝詞を奏上して、日本の神様に力をいただくべくお願いをして、それからふるさとの千葉へ帰って一大獅子吼ということになったのです。

 ですから日蓮宗のお坊さんはみんな天津祝詞を奏上することができるのです。しかし、この天津祝詞の奏上の意味がわかっているお坊さんとわかっていないお坊さんがいるので、日蓮宗のお寺にはところによっては稲荷を祀っていて天津祝詞を奏上しています。本来、天津祝詞は伊勢神宮に行くときに唱えるために、日蓮宗のお坊さんは天津祝詞を覚えておかないといけないのですが、この日蓮上人と同じようにすべてのお経を読んだお坊さんがいないので、なかなかそこまで達することができない状態である、とういうことを私達はメシヤ様から教えていただいているので、日蓮宗に対する見識も持っておいていただければ大変ありがたいと思います。

 それから次に、ずっと拝読して最後のところまでいって312ページの1行目から

『此三人の仏陀が三尊の彌陀である。とすれば阿彌陀と釈迦は、夜の世界の期間の御役であったに対し、観音は昼の世界にならんとする、其境目に観音力を揮はせ給ふのである。此経綸こそ昔印度に於て、仏法発祥の時已に誓約されたものである』
この『仏法発祥の時已に誓約された』ということが大事なことですので、これをよくご記憶しておいていただきたいと思います。

この発祥の時に既に誓約された内容が、もう一度308ページに返っていただいて、6行目に

『儂(わし)は今迄終生の業として仏法を創成し、一切衆生を救はんとして大いに努力を続けて来たが、今日大仏陀から意外なる御諭しがあった。それによると或時期に至ると、我仏法は滅すると言ふ事で、大いに失望したのである』
 この仏滅の意味はほとんど日本人には今、分かっていません。大安と仏滅ぐらいの差でみんな認識している程度で仏滅が一番悪いというぐらいに思っておりますので、ほぼこの意味はわかっておりません。

 それでは『今日大仏陀から意外なる御諭しがあった』というこの大仏陀は誰ですか? ○○さん。大仏陀とは?

参加者 伊都能売神皇(いづのめしんのう)。

先生 そう。だから伊都能売神皇が仏教の祖であるということを日蓮上人が知ったので、それで『夜昼転換』の黎明期を迎えたのです。

 しかもこの時、仏滅が来るということをこの時から約束されているということ。これが既に誓約されたということです。誓約されていた内容というのは“仏の華が咲いた後、仏滅が来る”ということですので、今が仏滅に入りつつあるということです。(後略)
メシヤ講座浜松支部2014年11月

2014年11月のメシヤ講座の御教えは『文明の創造』宗教編「霊界に於ける昼夜の転換」P305ページです。
<学び>
日蓮上人が中国に言って原書で万巻全部のお経を読んで、お釈迦様が見真実になってからのお経が真実であるという事を発見したから、「夜昼転換」の黎明期を迎える事ができたということが、よくわかりました。
日蓮聖人は超天才!だ。
関連記事

タグ:日蓮上人 仏滅 法華経 夜昼転換 伊都能売神皇 釈尊

Comment

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント