FC2ブログ

私達の学び 目からウロコの内容

メシヤ教の楳木代表が各支部で毎月開催されたメシヤ講座の主要点を掲載

反省の弁こそが「自覚」する事!   2016年9月①

「自覚」心掛けるべき事とは!

楳木代表

それで、これも先月お話ししました様に、「覚り」というよりも自覚をして行くのだ、と、そういう事を心掛けて頂きたいと思います。今日も支部長代理が随分反省の弁を述べられましたけども、反省の弁こそが「自覚」する事です。そして、自覚すれば、それを行動に表わして行かないといけないので、その行動に表わして行くと、今度10月の月次祭まで行動してみて、家族の会話はどうであったとか、或は、自分がやってみた結果が果たしてどうであったか、整理をしながら10月の月次祭を迎えさせて頂いて、そして又、11月に向かって進めさせて行く中で我々の、ここに書かれていますように『本守護霊は神性そのもの。』というふうに仰っておられますので、この神性が磨かれるかどうかというのは、その取り組みによって許されて行く事なので、そして神性が磨かれて行けば、我々は更に魂が発光体に成って行きますので、発光体に成って行くとその光に副守護霊は萎縮して行くので、腹は立つ事もなくなってくる、と。
2016年9月メシヤ講座出雲


今月のみ教えは『主神様とメシヤ様』30ページ「『悪と守護霊』文明の創造」です
<学び>
反省し自覚して行動を起したつもりでも、なかなか良い結果をえられないと、悩んでいましたが、
取り組みによって神性がが磨かれるということを学ばせて頂きました。
結果が良いにこしたことはありませんが、取り組んだことを整理して、次の月に向かわせて頂く事が大事なのだと学ばせていただきました。
関連記事

タグ:覚り 神性

Comment

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント