FC2ブログ

私達の学び 目からウロコの内容

メシヤ教の楳木代表が各支部で毎月開催されたメシヤ講座の主要点を掲載

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

井上邸の御神事と役割をいただいた重い責任     2016年9月②

メシヤ様「井上邸」での『御神事』

楳木代表

先月報告しました様に、井上茂登吉先生のお宅で執り行われた『御神事』というのは、この主神様御神体『ス(⦿)』という『御神体』を世に生み出す為の御神事だったのだ、と。そういう事を四人とちっちゃい子供で協力して、執り行った事なのだという事ですので、メシヤ様が昭和二十八年に、どうしてもやっておかないといけない御神事として、箱根の聖地ではなくて「井上邸」を使ってですね、秘かにこの『ス(⦿)』の御神体が将来出る事が出来るように、執り行って下さった事を思えば、非常に有難い事でもあるし、この御神体のもとに御神業を進めているメシヤ教という我々の責任も非常に大きい所があるかと思いますので、より一層ですね、そういう御負託にお応えできるように、取り組ませて頂きたいなというふうに思います。
2016年9月メシヤ講座出雲


井上邸の御神事と役割をいただいた重い責任

そして、今まで井上邸で執り行われたメシヤ様の御神事で、『これで間に合った、人類が救われる事になるのだ』という御神業の中身というのを明らかに御説き頂きました。『その御神業によって最終的にこの主神様御神体が世に出るように取り計らったのだ。』と。そういう御神業だったのだ、と。主神様御神体を世に出すための産みの御神業だったのだということを新たに教えて頂きました。そしてこの御神体が出ることによってメシヤ教としてスタートさせて頂きましたけれども、この御神体の形通りの事がこれから執り行われていくのだ、と。

まず、メシヤ教がチョン『●』になり、その周辺の輪は世界救世(きゅうせい)教の三教団を始め、世界救世(きゅうせい)教から離脱した教団、メシヤ様を教祖と仰ぐ団体が『○』になって、メシヤ教に組織が集まって来るのではなくて、“今のままではメシヤ様が真に進められようとされた御神業が進まないのではないか”という疑問を持って、そしてもう一度メシヤ様の御教えに求めている方々がこのメシヤ教にずっと集まってくる。それが『⦿』の形になっていくのだ、と。そして、その集まった人たちがまたチョン『●』になって、その周りに世界救世(メシヤ)教が復興してくる、と。この世界救世(メシヤ)教が復興して来た段階で、キリスト教や仏教やイスラム教がその周りの『○』となって、その中の世界救世(メシヤ)教がチョン『●』になっていくという形で、波紋の状態で拡がっていく。


その一番の基になることが井上邸で行われたのだ、という御垂示を頂きまして、なるほど、そうか!と受け止めれば受け止めるほど、私たちはまだまだ少ない人数ではありますけれども、責任の大きさ、重さに身が震えるような思いであります。なんとかこれを進めていかない限り、全人類が救われるということには繋がって参りませんので、その御垂示に基づいて、懸命に自らの向上に努めさせて頂きたいと思います。そういう事に取組むことによって、先ほどの支部長代理が引用された御教えを現実のものとして、私たちが進めさせて頂くことが出来るようになるのではないかと思います。
2016年9月メシヤ講座三重


今月のみ教えは主神様とメシヤ様』30ページ「『悪と守護霊』文明の創造」です
<学び>
井上邸での御神事が『ス(⦿)』の御神体が将来出るための事だったとは・・・・
御神事の内容は勉強不足で詳しく解りません。
しかし、事は責任重大なようです。(゚△゚;ノ)ノ
関連記事

タグ:井上邸 御神体 主神様 『○』に『・』

Comment

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。