FC2ブログ

私達の学び 目からウロコの内容

メシヤ教の楳木代表が各支部で毎月開催されたメシヤ講座の主要点を掲載

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悪が極まり善と化す 2016年9月⑤

が極まりと化す

それから、緊急に私に知らせるようにという話があったのですけれども、その中身はですね、が極まっていくと、になる。』ということも考えておかなければならないのだ、ということでありました。しかし、も極まっていくとになる。』こともあると。これが大乗と、小乗と、それから、小乗大乗との関係であると思われます。複雑なのですけれども、絡み合っているものを今回の御論文ではですね、非常にわかりやすく書かれているのは、P.37の5行目に、

『これを霊的に見ると邪神界の大物の憑依であって面白いことには最初はトントン拍子に行くので有頂天になるが、それもある程度までで必ず挫折する。そうなると憑依霊はたちまち脱却してしまう。我々の知る範囲内でも、カイゼル、ムッソリーニ、ヒットラーの如きがそうで、失敗後は人が違うかと思われるほど痴呆暗愚的に気の抜けたようになったが、これは大きな邪霊が抜けたあとで誰でもそうなるものである。』

邪神の頭目がついて一番わかりやすいのは、ヒットラーのやったことをずっと見ていくと、ヒットラーのやったことをずっと突き詰めていってこの頭目が抜けるとヒットラーは非常に暗愚的になってですね、中にはどこかに逃亡したという人もいるし、亡くなったという人もいるし、いろんな言われ方があるのですけれども、そのことを基にですね、今度は戦争のあり方というのを国際的に協議するというようになって、軍隊は攻撃しても、国民は攻撃しないという様々な約定が国際連合を中心として出来上がってきました。ところが、今、後進国というのは、これを抜きにして・・・、昨日も大勢の方がお亡くなりになったりしているのですけれども、市民や、国民が犠牲になっているということが起きておりますので、そういうふうにして修正が加えられていって、の世界が広がっていくことが起きてくるのだろう、というふうに思われますので、神様のやられることは非常にジックリ見ていかないとわからないことがあるな、とそういうふうに感じます。
2016年9月メシヤ講座鎌倉


今月のみ教えは『主神様とメシヤ様』30ページ「『と守護霊』文明の創造」です
<学び>
この世の中は何処まで行っても「」と「」が絡み合ってできているということでしょうか・・・
関連記事

タグ: 邪神界 大乗 小乗

Comment

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。