FC2ブログ

私達の学び 目からウロコの内容

メシヤ教の楳木代表が各支部で毎月開催されたメシヤ講座の主要点を掲載

『最後の審判』まっただ中、何かあった時こそ、大御前に行って自分を見詰め直す  2016年11月③

『夜の時代』の認識を新たにする

楳木代表

そんな事が起きていますので、メシヤ様と御縁を頂いて、これだけ長い間やって来ている人が、やっぱり先陣を切って「血液を綺麗にする生活をして行こう。」という事を、皆に訴えて行かないと・・・。



支部長代理

其れしかないですわ。自分が汚さない事で、他に何もない。いくら「浄めます。」と言っても、片一方で言ってみても、ドンドン食うもので汚れとったら、どうしょうもないからね。



楳木代表

えぇ、そうですね。医薬品の研究者達たちは、大体「体の構造」は、もうほゞ判っているのです。判っているけれども、現在が経済至上主義で流れているので、この経済至上主義に流されてしまっている為に、そういうコマーシャルを作らざるを得ないという事です。売らないといけないので、こんな説明の仕方をしている。本当は、「血液が大事なので血液を清らかにしてください。」と言えば良いのを、其処が大事だから、食べる物に、こういう物を私達は提供します、という話になって行っているのでね。そういった所に気をつけられるように、そういう話をしてくれれば良いのだけれども、どーも、もう皆やられっぱなしになっています。

取り分け、世界救世(きゅうせい)教になってから世界救世(きゅうせい)教自体が一番やられていますのでね。皆さん方には非常にご苦労をお掛けしました。これからは苦労をしない様に、この御教えに沿った生活をさせて頂ければ良いので・・・。最近中学生とかも家庭で、この本を読んでくれている家庭が増えて来たので、「物凄く判り易い。」と。中学生が、子供たちの方が「判り易い。」というふうに言ってくれているので、非常に力強いなぁというふうに思う訳ですね。

そんな事が世の中を見詰めて行くと起きているので、皆さん方から報告をして頂いたようにですね、『最後の審判』というのは、メシヤ様御在世中は『目捷に迫っていた』けれども、現在はもう突入している、という事なので、我々も何時も選別されているというふうに思っておかないといけないのですね。魂を清らかにするという取り組みをですね、ここ二、三ヶ月の間は、魂というのは主神様の分霊なので、本来神性の存在』なのだけれど、『夜の時代』神性の周りに曇りがくっ付いた為に薄まってしまっている部分がある。発光体としても曇りの為に光を発せなくなって来ているので、同時にくっ付いている副守護霊の動物霊に操られてしまう事になって行く。動物霊に操られると、自分の言動が絶えず問題を起こして行くという事になってくる訳です。言う事がうまくいかないという事が起きた時には、一旦立ち止まって、“動物霊に支配された言動になっていないか”という事を見詰めて行けばですね、また、言葉の出し方を変える事が出来る。だから問題が発生した時には“自分の本体の神性は甦ろうとしているか”或は、“魂は光り輝く方向を向いているか”という事を見詰めて頂いて、“自分についている動物霊を委縮させる事が出来ているか”という事を一回チェックして、その上で言葉を発して行くような形にすると、問題は解決の方向に向かって行くと、或いは人を幸せに導くように変わって行く、人を喜ばせるように変わって行く、人が明るくなるように変わって行くのだ、というふうに見詰めて頂いて、その拠り所を「御神体御奉斎」にして頂きたいと思いますので、よろしくお願い致します。

何かあった時こそ、大御前に行って自分を見詰めて、主神様の分霊としてある自分の魂がどうか、というのをチェックするように心掛けて頂ければ、非常に良い方向に行くのではないかなぁというふうに思います。
2016年11月メシヤ講座出雲


今月のみ教えは;『主神様とメシヤ様』42ページ「『最後の審判』文明の創造」です
<学び>
問題が発生した時には、大御前に行って自分を見詰めなおし、魂を輝かせる。
自分の本体の『神性』は甦ろうとしているか”或は、“魂は光り輝く方向を向いているか”という事を見詰める
何かあった時には、“動物霊に支配された言動になっていないか”という事を見詰めて、人に問うのではなく自分に問うこと問題は解決の方向に向かっていく。
関連記事

タグ: 副守護霊 分霊 神性 問題解決

Comment

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント