FC2ブログ

私達の学び 目からウロコの内容

メシヤ教の楳木代表が各支部で毎月開催されたメシヤ講座の主要点を掲載

韓国・・・・医学に関する審判      2016年11月⑦

韓国

楳木代表

取り分け、メシヤ様は『最後の審判は医学から審判が始まる。』というふうに、本日の御教えでは御述べ下さっておるので、医学に対する審判、而も46ページにはですね、3行目に

『最後の審判は目捷に迫りつつある』

というふうに、これは昭和27年に書かれたものですので、昭和27年の段階では『目捷に迫りつつある』と。しかし、今は平成28年ですので、『目捷』どころではなく、もう突入している訳です。『最後の審判』の真っ只中に居るというふうに、解釈しておかないといけない。而も、『最後の審判』と言った場合には、医学に関する審判ですので、医学に対してどういうふうに見て行くかという事が、実は、お互いに大事だというふうに、考えておいて頂きたいと思います。

それが一番分り易いのは、今、韓国大騒動です。実は韓国で、朴槿恵大統領に関する疑惑が浮上する時期に、私達は定山渓の伊都能売観音様入仏記念大祭に臨む為に、北海道に行っていたのですけれども、その前日に夕食会をしていたのです。私の隣に菅谷さんが座っていて、電話が鳴り出し、韓国のNさんという人からでした。(窓口は鎌倉支部)本年2月から「御神体」を頂きたいという事だったのですけれども、韓国の家事情が、中々御神床を作るという様な形が出来ないので、「家を引っ越して、そして御神体を頂く準備をします。」という事で、10月まで延び延びになってしまっていました。やっと引っ越しする家が見つかり、「神床も作る事が出来るので、御神体を申し込みたい。」とのことで、11月の私の空いている日を「教えて貰いたい。」という事でした。それで直ぐ替わって、「出雲が終って、広島が終ったら帰るので、それから1週間位は対応出来る。」と言ったら、23日に来るという事が決まったのです。それと同時にですね『文明の創造』の韓国語版、訳本が大体出来たので、私に見て貰いたいと・・・。日本語の理解を、どのようにしてハングル文字にするか、という事のやり取りを、「二日間で行ってしまおうと思うので、集中してやろう。」という事で打ち合わせをしたのです。一応『文明の創造』の韓国語版を発刊できる体制が出来ました。後は出版社を決めて、韓国で出版するような事が大体出来上がったので、“相当メシヤ様の御光が韓国に入り始めるな”と思ったら、朴槿恵大統領の問題が浮上してきました。

一番最近のデモでは126万人主催者は集めたと、警察の発表は26万人と、100万人も差があるのかと、韓国の実情は・・・、評論家とかに言わせると、「足して二で割ると韓国の数字になります。」という事で、7、80万人集まった、と。こんないい加減な数字の出し方をする国だな、と、改めて皆さん方も感じられたと思うのですけれども、その中にはセウォル号の犠牲者の遺族も随分参加しておりました。セウォル号の問題については、朴槿恵大統領が7時間も連絡が取れなかったというのは、皆さん方ご承知かと思うのです。産経新聞などは不倫していたから連絡取れなかった、と報じています。不倫なんかしていても、枕元に携帯電話を置いていたら直ぐ取れるのだから、そんな事はない。どうもある手術をしていたというのが実情のようです。麻酔状態で対応が出来なかったのではないか、というのが有力のようです。という事は、国民の中の大勢の方が危ないという時に、薬毒にまみれて、判断が出来なかったという事です。之が医学に対する最後の審判』の一番恐ろしい事です。あの船がドンドン沈んで行ってですね、皆取り残されて、どうしょうもない時に国の責任者が対応できないという、こんな恐ろしい事は、奥出雲集会所責任者の方がご指摘されたように、御在世中の教会長を始めとして、お話されていた事の一つです。而もですね、親友というような人に、利益供与して何十億というお金をこの様に使ってしまっている。それ程、薬毒にまみれて行くと、判断が狂って行くという事でありますので、韓国の今の実情は、薬毒にまみれた状態が、どの様な問題を起こして行くかというのを、如実に日本人に分からせて貰う出来事だ、というふうに観ておいた方が良いと思いますね。軒並み女優とか男優も、そのようらしいですけれども、使う麻酔薬や消毒薬たる物は、大変な物かと思います。それが、ああいう状態を生み出していくという事を、判っておきたいと思います。
2016年11月メシヤ講座出雲


今月のみ教えは;『主神様とメシヤ様』42ページ「『最後の審判』文明の創造」です

<学び>
自分が考えてもみなかった医学の審判の捉え方です。
関連記事

タグ:医学 薬毒 韓国

Comment

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント