FC2ブログ

私達の学び 目からウロコの内容

メシヤ教の楳木代表が各支部で毎月開催されたメシヤ講座の主要点を掲載

「九分九厘の極み」の年     2017年1月①

「九分九厘の極み」の年

楳木代表

それで平成29年というのは、言わば昭和が「霊」ということになると平成が「体」という働きになっていくので、昭和の29年が平成の29年に大きく形となって現れてくるので、そういうふうに現れて来ると、昨年から取り組ませていただいている私達の神性を蘇らせるという取り組みは、しかも二十九の九ですので、魂の輝きを取り戻すという取り組みが極まってくるので、私達の今取り組んでいることが非常に進むということです。

それから本日拝読させていただいた御論文の中に『悪主善従』という『夜の時代』の象徴的なことを書かれておりましたけれども、この『悪主善従』も極まっていきますので、極まっていくとそれはほつれていき『悪主善従』の世界ではなくなる出来事がずーっと起きてきます。昨日のトランプ次期大統領の演説等を聞いていても、もう非常に極まった内容ですよね。米国中心の経済体制を造っていくということですので、非常に極まった状態の発言をしております。それが今年一年かけてどのような形に動いて行くかという、世界の見方を見ておいていただきたいと思います。
2017年1月メシヤ講座大阪


今月のみ教えは;『主神様とメシヤ様』51ページ「『救ひ主と贖罪主』文明の創造」です
<学び>
極まっていくとそれはほつれていき・・・・」
確かに悪が極まり、どうしたらいいんだろうと途方にくれた時、ほつれ、どんどん善が開けていきました。
それもおっしゃる通り29年に入って進ませていただくことになり、不思議な気がします。
世界の動きはどう変わっていくのでしょう。
関連記事

タグ:平成29年 悪主善従 極まって

Comment

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント