私達の学び 目からウロコの内容

メシヤ教の楳木代表が各支部で毎月開催されたメシヤ講座の主要点を掲載

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

喘息の原因と役割 2013年4月①

喘息の原因と役割》

代表:今月は久しぶりに短い御論文で、これなら「毎日読んでく
れ」と言っても非常に楽でいいんじゃないかと思うんですけど、
喘息』という御論文で最初の一行目ですね、『喘息に関しては医
学では全然判ってゐないのである』というふうにここには書かれて
おります。

 これは、昭和27年当時の医学の話ですね。で、現代ではです
ね、大分喘息のことは理解が深まっていますので、この御論文をそ
のまま現代に当て嵌めることは出来ません。

 で、メシヤ様は喘息でご指摘されている最大の原因の一つは、出
産の時にですね、生まれて来る時に産道で呼吸してしまう子がいる
ので、産道で呼吸をしてしまうと吸い込んでしまう。

 皆さん方、肺が生まれてくる時、どういう状態で生まれてくるか
というのを見たり聞いたりしたことはありますかね。母体の胎内に
いる時の赤ちゃんの肺の状態と生まれてきてからの肺の状態は明ら
かに違いますね。

 お腹の中にいる時は呼吸していませんので、肺はピタッと・・・
判り易いのはですね、羽を持った昆虫が羽化した時にこうやって羽
を拡げますね、羽を拡げる時に真っ白い羽がこうして(閉じた状態
で)出てくるでしょ、そうして空気に触れてくると色がずうっと付
いてきますよね、・・・あんな状態だと思えばいいですね。肺は生
まれてきた時はペッタンコです。

 で、自分で呼吸できない時には助産師さんとかが背中を少し叩い
て、そして呼吸させますね。呼吸した瞬間に肺がふぁっと膨らみま
す。これから・・・その空気が入った瞬間から、肺というのは動き
始めていくわけですよね。で、これが、産道を通ってくる時に気の
早い赤ちゃんが、空気を吸い込んでしまおうとして吸い込むけど、
空気がなくて悪露を吸い込んでしまうので、これが肺に溜まると危
険なので、すぐ肺から外へ出します。で、横隔膜に大体その悪露が
溜まって、これを出す為に小児喘息というのが起こります。

 だから喘息というのは、この横隔膜に溜まったそういう汚いもの
を外へ出すという非常にですね、人間にとってはありがたい浄化作
用なんですけども・・・喘息というのは非常に苦しいですよね。吸
い込む量より吐く量が多いと言われておりますので、それで非常に
苦しさを伴っていくためにですね、喘息という病気をみんな怖がる
んですけれども、実は横隔膜の掃除をしてくれるので、これ程あり
がたい浄化はないということです。


   《最近の喘息について》

 で、最近の医学では非常に進んできたために、毒素を排出すると
いうのが少しずつ分かって来ております。それからもう一つはです
ね、心因性、心の原因の喘息も最近ではですね、医学の中で気管支
科とそれから所謂心理学という世界がくっ付いたお蔭でですね。

 例えば、お母さんが非常に神経質で、子供にいつもですね、小言
を言ったり何をしようとも文句ばっかり言うお母さんがいますね。
そういう人の場合は、子供がですね、喘息症状を自分で起こして、
そしてお母さんから優しくしてもらうように起きてくるという喘息
も最近では増えております。

 それから今度は、お父さんが非常に神経質で小言を言う場合に
は、また喘息が起きる、と。で、お父さんが原因の場合は父原病と
言われています。で、お母さんが原因の場合は母原病と言われてい
ます。で、こういう場合はですね、喘息の子供を浄霊してもよくな
りません。症状は楽になるんだけども、完治するためにはを浄霊
しないといけない。

 だから、これはお母さんが原因だなぁと思ったら、お母さんを一
生懸命浄霊しないと子供はよくなっていかない。あるいはお父さん
が原因だなぁと思ったら、お父さんを浄霊をしないとよくなってい
かないということです。


  《子供の浄化、両に原因が・・・》

 これは喘息だけじゃなくて、最近学校に行かないお子さんが非常
に増えておりますけれども、この場合もですね、学校に行かない子
供をいくら浄霊してもですね、完全には学校へ行くようになりませ
ん。これは、が原因なので、取り分け母をしっかり浄霊して、
が神様に縋ってですね、神様の御奉仕とか、人様の為に体を動
かすという事をやっていかないと、中々子供が学校に行くという所
まではいかない傾向にあります。そういう方をお世話する時には、
をよく見てですね、浄霊とかお世話をしていただきたいと思いま
す。

 それから最近非常に増えているのは、アトピー性皮膚炎を治療し
てきれいになった場合、内向しますので、内向すると大体喘息にな
っていきます。ですから、昭和27年当時の喘息と現代の喘息はで
すね、随分原因としては違った原因で起きてくるということです。

 ですから、母原病とか父原病の最大の原因は、その人を育てた親
が育て方を間違ったためにですね、子供の育て方を間違ってしまっ
たために起きている病気だということです。


 《環境による喘息症状にも気をつける》

 それからアトピー性皮膚炎は、アトピー性皮膚炎になる原因があ
るにも拘らず、それを薬で抑えてくるために喘息症状を起こしてし
まうということがあります。それからこの他にですね、今・・・四
日市喘息も昔の話ですけど、四日市喘息とかありましたね。これ
は、光化学スモックが原因で喘息症状を起こしていくということで
す。

 で、中国は今、四日市よりもっとひどい状態になっておりますの
で、中国の方々で喘息症状を起こしている人が非常に増えておりま
す。昨日も黄砂がかなり流れてきましたけれども、そういうのに化
学物質が付着してきておりますので、天候と風向きによっては日本
の中にもですね、そうした中国の汚染物質の影響を受けて喘息症状
を起こしてしまう。

 そういうことも、これからは気を付けておかなくてはいけないと
いうことと、過去メシヤ講座の中でも触れておりますけれども、家
庭の中にですね、化学物質が今充満しております。それから新車を
買った場合には、炎天下窓を閉め切って置いておくと化学物質が充
満しておりますので、そういう換気をしつつ、家でも換気をして車
でも換気をして、そこに居住するということを心掛けていかない
と、喘息症状を引き起こす可能性があるということですので、これ
からはですね、浄霊と相手の方の生活環境はどうなっているのか、
あるいは心因性であれば、ご両親はどういう方なのか、あるいはそ
の人自身は子供の時からどういう成長の仕方をしたのかということ
を掌握して、そして丁寧にアドバイスしながら浄霊をしていかない
とですね、相手を救ってあげるということが難しい世の中になって
きているということが実情であります。


  《喘息の急所は・・・》

 ですから、そうしたことをですね、心掛けながら、これからも一
層浄霊を中心に救済活動を進めさせていただきたいと思います。

 今日は、喘息という所であったんですが、この御論文を現代に当
て嵌めて考えていった時に、我々は喘息の方に出会った時には、横
隔膜をよく浄霊するのと、それから腎臓をよく浄霊してあげると大
体乗り越えていけるということですね。喘息の人は横になれないん
ですよね。

 だからこういう所にこうして座っていると何とか呼吸が出来るの
で、こういうふうに座らせて、そうして後ろからよく腎臓を浄霊し
てあげるのと、大体この肋膜から横隔膜の間を、この辺りをよく浄
霊してあげると、喘息の人は比較的早くよくなっていきますので、
そういうことを心掛けていっていただきたいと思います。

 最初にそういうことを御願いしてですね、今回非常に短いですの
で、毎日読むのが楽ですので、どうかしっかり拝読をしていってい
ただいて、この『文明の創造』を100回読むことに挑戦していって
いただきたいと思います。
2013年4月メシヤ講座岡山支部

<御教え>
『文明の創造』科学篇  喘息
<学び.>
私には喘息は大変な病気のというイメージがつよいですが、原因はいくつか考えられるのですね。
関連記事

タグ:喘息 アトピー

Comment

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。