FC2ブログ

私達の学び 目からウロコの内容

メシヤ教の楳木代表が各支部で毎月開催されたメシヤ講座の主要点を掲載

”メシヤ様の御生誕日”12月23日は昔は新年であった。『御降臨祭』は新年を迎える決心を固めて臨む  2014年12月②

12月の23日は

ストーンサークルを見て頂くと、それは太陽の光の角度……、
例えば冬は影が長くなりますよね、夏は逆に短く……短いというのは、
太陽は上の方を通って行くので、その石に当った影が短くなって行きます。
冬になると長くなり、夏と冬では随分変わって来るんですけども、
それと後は,昼の長さと夜の長さというのを調べて行くと、12月22日が一番昼が短くなりますので、
翌日から新年になるんだと、太陽を中心に考えた場合はそういう事になるんですけども、
西暦で行くと12月23日というのは、暦上ですね祭日とかそういうのを抜きにすると、
冬至の翌日だという様な感覚しかありません。
太古の昔は太陽のそういう運行によって1年を決めていたので、
23日が新年であった事は間違いないようですね。
それからある筋に話としては、
イエスキリストの誕生日も12月23日にする方向で決めていたらしいんですけども、
手違いで25日になってしまったというふうに言われている所もあります。
馬屋で生まれた訳ですので、キチンとした記録がどうなっていたかという事が分らない事もあって、
その23日に誕生日をしようという事になっていたような、
そういう方向で決めようとしたんですけども何故か25日になってしまったと…。
だからイブが24日というのも、そういう事を知るとおかしな事になるなというふうに思うんですけども、
それ程12月23日はですね新しい年が始まる日ですので、1年間の整理をさせて頂いて、
今年自分自身或いは我が家はこういう年だったなと…。
来年は、こういう年に又させて頂きたいというよう事をですね整理をして、
新年を迎える決心を固めて12月23日のメシヤ様の『御降臨祭』を箱根に行ける方は箱根で臨む。
それから支部に来られる方は支部でする。
我が家でする人は我が家でする時に一番大事なのは
“メシヤ様にお祈りを捧げる”という事が一番大事な事ですので、
そういう整理をですね思う所を述べて頂きながら、整理をしていって頂きたいと思います。
2014年12月メシヤ講座出雲

12月23日は、今まで何度もお話をいただいているように、太古の昔は元旦でありました。12月23日を起点にしてですね、いつも新年を迎えておりました。西洋ではですね、イエスキリストの誕生日というのは、本来12月23日にしたかったんですけれども、手違いで12月25日になったと言う筋もあります。

そういうことからですね、縄文時代・・・、それから西洋の方ではですね、クリスマスにツリーを飾りますけども、縄文時代は、日本もツリーを飾っていたと言われています。それくらい12月23日をお祝いするというしきたりが、全世界で執り行われておりました。
しかし、今の太陽暦からすると12月23日は何もないということになって、12月31日が年末で1月1日が新年ということになっております。

ですから、私たちが12月23日を迎える、この祭典を迎えるということの意義は、メシヤ様の教えに基づいて、そしてメシヤ様という御存在が地上に降りて下さったからこそ、私たちに浄霊力とか真理の教えを与えていただいたわけですので、そういう意義をもって迎えさせていただきたいと思います。意義をもって迎えるからにはですね、1年というのを皆さんお一人お一人が、いろんなことがあって、そして自分の生活と信仰というのものを、どのように今年は意義ある年であったのかというのをまとめていただいて、そして来年はですね、こういう年にさせていただきたいというような気持ちを持って、12月23日を迎えさせていただきたいと思います。
2014年12月メシヤ講座岡山

2014年12月のメシヤ講座の御教えは『文明の創造』宗教編「仏教と五六七の世」P3313ページです。
<学び>
12月23日にメシヤ様というご存在が地上に降りてきて下さったからこそ、私達は浄霊力や、真理の教えをあたえていただいるのであり、その事に心から感謝を持って、一年を振り返り、どんな年であったか整理して、『御降臨祭』には新年を迎える決心を固めて参拝させていただくことが大事なことなのだと学ばせて頂きました。
関連記事

タグ:御降臨祭 キリスト

Comment

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント