FC2ブログ

私達の学び 目からウロコの内容

メシヤ教の楳木代表が各支部で毎月開催されたメシヤ講座の主要点を掲載

実相世界とは昼の世界。昼の世界に住むためにどうしたら良いか夫婦で話し合う 2014年12月③

代表:実は今、言い話が出たんですけど、宝くじが当ったら献金すると言った時に、宝くじは当りません。何故かというと宝くじというのは執着が集結したお金なので、それを献金しても建設には使えないんです。だから例えば1億円当ったら、1億円を元手に事業
開始して、仕事をやって、その中の収益から感謝献金を上げるというようなことの、そのために1億円当てたいというふうにしてやっ
て下さい。

どこまでも、自分で汗水たらしたものじゃないと建設には使えないので・・・そういうふうに頭を切り替ええて下さい。

参加者:分かりました・・・全くその通りです。(爆笑)

代表:それとご主人がここへ、仕事の休みの時、来てくれるようになって、夫婦の中で色々信仰面について話し合いが出来るようになったでしょ。

参加者:ええ・・・多少は・・・(爆笑)・・・以前とは全然違う・・・。

代表:全然違うでしょ、そういうのは多少と言わない・・・。ねえ、メシヤ様は、言霊(ことたま)を大事にしなさいと仰っている割には、信者が全然言霊(ことたま)を大事にしてないから・・・多少じゃないです。「雲泥の差」と言うんです、そういうのは・・・もの凄い変化なので。

で、その中で『文明の創造』を拝読していく中で、どういうことが学ばれたかと・・・。

参加者:メシヤ様は凄いなぁと思いました。

代表:だから、どこが凄いのか・・・。(笑い)

参加者:あらゆることが・・・書かれていることが・・・色んな面で話し合いを少しはするんですけれど、凄いなぁと・・・読めば読むほど・・・。(爆笑)

代表:だから、読めば読むほど・・・何が凄いのか・・・その何かをちょっと話して。(笑い)

善言讃詞の中に出ている言霊の意味が今回出ているでしょう。そうすると、「大千三千世界」と言ってもどうしてかなぁというのを、今日解説して下さっていますね、それから「実相世界」というふうにメシヤ様はよく仰ったけど、「実相世界」って一体何なんだと言われても、よく分からなかったけれども、ここは・・・「実相世界」って分かりますよね、今日拝読したところは・・・315ページの真ん中辺りに『実相世界とは昼の世界』だと書かれておりますね
・・・そうすると、実相世界とは昼の世界なんで、我々の信仰というのは、昼の世界に住むための信仰をやっているわけなんで、そのためにはどうしたらいいかということを、夫婦で話し合っていくという事が大事で、来年度は「浄霊力伝授」というのを後二人くらい候補がいるんだと言うことなのでさせていただきながら、昼の世界とは一体どういうことかということを、ご主人と、いつも話し合いしながらね、家庭をより一層天国化していっていただきたいと思うんですね。まぁ、そういうことを、今日拝読する中で、思いが込み上げてきていただけると大変有り難かったなぁというふうに思うわけですね。
2014年12月メシヤ講座岡山

2014年12月のメシヤ講座の御教えは『文明の創造』宗教編「仏教と五六七の世」P3313ページです。
<学び>
我々の信仰というのは、昼の世界に住むための信仰をやっている。そのためにはどうしたら良いか話し合うことも大切。
関連記事

タグ:献金 言霊 夫婦

Comment

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント