FC2ブログ

私達の学び 目からウロコの内容

メシヤ教の楳木代表が各支部で毎月開催されたメシヤ講座の主要点を掲載

『文明の創造』の発刊が何故これほどまでに遅れたのか?  2014年11月①

本日拝読をさせていただいた『霊界に於ける昼夜の転換』というのは、この世界救世(メシヤ)教が開教され、またメシヤ様御自身が最初の創業である大日本観音教団を立教された時、そうしたことに深く関わることでありますし、仏教界からすれば、これは大変問題になる御論文でもあります。そのためにですね、『文明の創造』を最初にお作りなった○○先生は、これを仏教界にお見せになって、この部分の一部を削られております。バチカンの方にも寄贈になっていますので、神学者から非難され『禁断の木の実とは薬のことである』というところも削除されております。真実、この『文明の創造』が世の中には今迄出ていなかったんですけども、2年前にこうして発刊することができたので大変良かったなと思います。

これから優秀な英訳者にご縁をいただいて、これを英文に翻訳したり、様々な言語に翻訳をして出版することができれば、大変有難いと思うんですけども、それほど重要なところですので、改めて確認させていただきながら進めさせていただきたいと思います。
2014年11月メシヤ講座大阪

2014年11月の御教えは文明の創造宗教篇「霊界に於ける昼夜の転換」305ページです
<学び>
文明の創造の発刊が何故遅れたのか、良くわかりました。
関連記事

タグ:文明の創造

Comment

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント