FC2ブログ

私達の学び 目からウロコの内容

メシヤ教の楳木代表が各支部で毎月開催されたメシヤ講座の主要点を掲載

各宗教の中でも「改革心」というのがどんどん燃え始めている。メシヤ教はふいごのような役を担って行こう!  2015年1月⑥

代表先生

救世(きゅうせい)教のバラモン教が、○○○○会と○○○○会だから。信者さんは痛い目にあった方が喜んでいるわけでしょ?(笑)。「苦しいわ~、ありがたい」ということでやっているわけなんです。

会場 (笑)

代表先生

だから、昨日、○○○○会の資格者が「私に会いたい」ということで、岡山支部の月次祭に参列して、早めに昼食会を止めて、2時からその人とずっと話してたんだけど、やっぱり○○○○会の中でも相当改革派がいるんだけれども、途中で全部潰れてしまうので、その人は改革したいという気持ちを燃え立たせている人なのでね、一応どういう風にしたらいいかということで、私がそれをもとに整理して話すと、「また来ます」と言ってくれたんだけどね。

だから今メシヤ教が皆さん方のお取り組みで少しずつ感化を与えるので、各宗教の中でも「改革心」というのがどんどん燃え始めているので、今朝だったか、昨夜だったか、「ふいご」というのがあるでしょ?ふいご、ヒューヒューヒューヒュー吹く、あの~火を熾すための道具で。

参加者
鍛冶屋さんの?

代表先生
ええ、鍛冶屋さんが使っている、ああいう役割をしていけば、各宗教の火種に、ふいごでこうやれば火が燃えたぎるから、そういう働きもしていかないといけないなと思うんですよね。そして「改革心」をみんな持っていただいて、メシヤ様の御心に叶う、「メシヤ様が進めようとされた本来の御神業」に皆が目覚めて行って、そのことに取り組んで行けれるような人を増やしていきたいなと思います。
2015年1月メシヤ講座大阪

2015年1月の御教えは『文明の創造』宗教篇「仏教の起源」317ページです
<学び>
どうしたら、ふいごの役割をはたせるだろう・・・・?
関連記事

タグ:宗教改革

Comment

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント