FC2ブログ

私達の学び 目からウロコの内容

メシヤ教の楳木代表が各支部で毎月開催されたメシヤ講座の主要点を掲載

癌におけるメカニズムと一回の御浄霊で魚の目が消えた!  2015年2月①

癌におけるメカニズム

参加者
細胞を突破して・・中の核ですね、その中の遺伝子を障るということで突然変異が起こるっていうことですね。

代表先生
だから癌ができるメカニズムは、大体高校時代の生物学でほぼ理解できると。高校時代に習った生物学の教科書、まだ家にあるでしょ?家か実家に?あれを引っ張り出してパラパラっと見るか、それか書店に行って高校生物の参考書を買って、それで基礎知識を得とけばだいたい癌のメカニズムとかは分かると思います。

習ったでしょ?核が二つに分かれて、それに中の要素が引っ張られて二つに別れるっていう絵ですよ。

参加者
染色体がこうあって、分れていく絵ですよね。

代表先生
そうです、その分れる時に薬品とか化学物質が加わったら、おかしなものに変異して、それが分れたら・・。普通の細胞が二つに分れた時はもう片方は普通は死ぬんだけど、癌になると両方生きてるからそれがどんどん増えていって、本来の自分の臓器を圧迫していく(あるいは臓器細胞を異常にする)ので病気症状が出て来るという、このメカニズムだけ分かっておけば、浄霊をするとなんで治るかというと、(毒素の邪魔がなくなり遺伝子修復遺伝子が活性化して)突然変異した細胞を元に戻すので治っていくわけなので、浄霊というのは(浄化させつつ)調和がとれていくので、突然変異した細胞が元の細胞に戻るようにしてあげればいいわけです。

昨日ですね、尾道から岡山支部に参拝に来てた人、い○○め教団の人たちが5人来てたんですよね。その中の男性一人は先月に浄霊力伝授をいただいて、そして御在世中から自然農法をやってるおばあちゃんが魚の目で苦しんでたらしいんです。その人に、「今日は浄霊力をいただいたから、まずは浄霊しましょう」と、そのおばあちゃんに浄霊したら、この魚の目が物凄く痛んだらしいんですよ、「もう止めて」というぐらいに・・。そして痛んで浄霊を止めたらスーと楽になって、それからもうしばらくしたら、今度お腹の中で、・・本人の言い方では骨から何か剥がされるような痛みがして、トイレに駆け込んで、もの凄い量の便が出て、それから魚の目が消えたというんです。それをその82歳のおばあちゃんがとうとうと話すんです。自然農法やってただけあって、肌のつやもよく、ものすごくきれいなおばあちゃんなんだけども、魚の目だけは苦しかったんだけど、その浄霊力伝授いただいた方の1回の御浄霊でそうやって御守護いただいたと、一生懸命そういうことを話してくれましたね。
2015年2月メシヤ講座大阪

2015年2月の御教えは『文明の創造』宗教篇「伊都能売神」322ページです
<学び>
癌のメカニズムが分かりやすかったです。
しかし、永年苦しんでいた魚の目が、一回の御浄霊でお腹が何か骨から剥がれるように痛んで消えたとは・・・
御浄霊とはなんと不思議なメカニズムなのでしょう??
関連記事

タグ:浄霊

Comment

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント