FC2ブログ

私達の学び 目からウロコの内容

メシヤ教の楳木代表が各支部で毎月開催されたメシヤ講座の主要点を掲載

建国記念日と外来文化  日本人が頭が悪くなった 2015年2月⑥

建国記念日と外来文化

代表先生
一方ですね、昨日は祭日でして、建国記念日として様々な行事がありましたけれども、ついでに建国記念日は昔は何と言ってましたかね?

参加者
紀元節。

代表
紀元節ですね。紀元節の紀元はなんですか?

参加者
天皇の・・

代表先生
そう、神武天皇の即位した時ですよね。我々は簡単に、今ですね、素盞鳴尊が武力で治めて、そしてその後治世が乱れたので、それを中国からですね、宮崎の高千穂に来て潜んでいた神武天皇が乱れた世を一挙に統制して、そして日本の皇紀で言えば初代の天皇になったというふうに大まかに理解してますけども、最近はですね、歴史を研究する人たちが、「この統制をした時どのような形で統制したか?」ということを研究してる人たちもおりまして、単純に武力だけで征服して行いったかというと、これはですね、先程からの素盞鳴尊の治世を日本人が受け入れたということと合わせて考えていくと、神武天皇が九州の山の中から出てきて制覇していったとしても、その日本人が受け入れるかどうかは別の問題です。その時にどうやって受け入れさせたかということを研究している人がいて、その文献を読んでいくとですね、大きく三つを持って人民たちに「私に従えば豊かになりますよ」というのを教えていったと言われております。

その一番の元はですね稲作です。米は神武天皇によって日本に持ち込んだということが最近分かった、としています。米を作り出したことによってですね、弥生時代を迎えたというふうに我々は大まかに歴史では理解しているんですけども、「ではどうやって伝わったか?」ということについては中々不明でありました。これは神武天皇が中国でその当時もう稲作が始まっていたので、その稲作を日本に持ち込んで統制の時に広めたんだと。広める時に稲作と稲作に必要な土を耕すための製鉄の仕方を、山陽道を中心に歩いて行ったか、中国道の方の山手を歩いて行ったかは定かではないんですけども、あの辺りを通る時に稲作のための製鉄方法とそれからもう一つは灌漑工事の仕方ですね、治水工事の仕方、この三つでこういうふうにして米を作りなさいということを教えてですね、その土地々々の人達は分かりましたということで作り始めて、そういうことを教えつつ征服していったということであります。神武天皇がそういうことを教えていったということが、史実としては、段々残ってることを発見している人たちがいるようです。ちょうど昨日紀元節であったので、そういうことも最近分かったのでそういうのを読んだ文献を急に昨日は思い出しまして、昨日から皆さんに話始めたところなんです。

日本人はそういうふうにして海外から、まず朝鮮半島の考え方、それから中国の考え方等を受け入れて来たんだ、と。しかし同時に仏教が入って来る時に、菖蒲湯と薬師如来が入って来ましたので、一挙に薬に頼るようになりました。そのために頭が悪くなって、文字が必要になったので、漢字をひらがなとカタカナを作って、そういう漢字と漢字の読みというものを新たに作って、記録を作るようになりましたので、この薬毒を無くしていけば、もう一度日本人が非常に聡明な日本人になっていくということですね。今日本人は聡明であるとは言えませんね。

それは何故かというと、今朝も話題になってるのは沖縄でですね、あれだけ辺野古周辺の基地を作らないという人たちが皆選挙で選ばれているにも拘らず、安倍政権は粛々と建設していこうとして調査から始まっております。そうするとこれに対する見解をですね、きちんと説明できる人は評論家も誰もいません。テレビでは連日ですね、ここのところはイスラム国の邦人の殺害される事件とかがあったので、沖縄の現状をほぼ取り上げないで、話題のことばっかり流れていっておりますので、連日、沖縄でどんなことが行われているかというのも、ほとんどの日本人が知らないで過ごしております。

もう一方では原発をですね、今度は敦賀の原発も稼働を夏ぐらいにしようということで動いておりますけども、実際にはですね、原発で何かあった時の避難は、遠い人は福井県から神戸まで移動しないといけないという計画を作っているんですけども、その移動する時に若狭道を通った場合、あそこは片側一車線ですので大渋滞を起こすので、皆が無事に三十キロ離れた所まで移動できるかということは、これは不可能な状態なんだけども、段々動かそうという方向で動いています。それに対してですね、異議申立をするという日本人は非常に少ないですね。頭が聡明とは中々言えない状態になります。

それから韓国とか中国からですね、靖国問題をずっと指摘されているんですけど、立春祭でお話しましたように、この靖国神社は元々ですね、明治維新の時に犠牲になった長州の人たちを祀った神社だったんだ、と。それがいつの間にか日本のために戦争で亡くなった人を祀るような神社に変わっていったという、その歴史すら知らない、私も最近まで知りませんでしたので、そういうような訳の分からない中で日本人は生活をずーとさせられております。

これはほぼ薬毒のためにきちんとした解釈ができない中で私たちは生活をさせられているので、早く日本人から薬毒を無くして、そして物事をきちんと考えられるような人を増やしていくということが大きな課題であるかと思います。そういうことも含めてこれから浄霊力をいただく方々を増やしながら、メシヤ様が私達のために説いてくださった薬毒論と浄化作用の原理をより一層皆さん方に知らせて行くような取り組みを今後ともさせていただきたいと思いますので、今日拝読をさせていただいた所からそうしたことを感じているということで、確認をさせていただきながら質疑応答に入りたいと思いますので、よろしくお願いします。
2015年2月メシヤ講座大阪

2015年2月の御教えは『文明の創造』宗教篇「伊都能売神」322ページです
<学び>
伊都能売神皇様がインドへ行かれてから、日本がどのように制覇されていったか良く分かりました。
薬毒がそこから始まった事も。
関連記事

タグ:神武天皇 薬毒

Comment

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント