FC2ブログ

私達の学び 目からウロコの内容

メシヤ教の楳木代表が各支部で毎月開催されたメシヤ講座の主要点を掲載

非常に残念な思い    2015年3月④

非常に残念な思い

 実は今月ですね、3月2日に悲しい事があったんですけれども……、今月の岡山支部の月次祭に「い○○○教団」の82歳のご婦人がですね、2回目ですけど御参りに来まして、そして、この『文明の創造』を持ってきましてですね、茲に(表紙)手垢が付く位読み込んだ『文明の創造』……い○○○教団の教会長だった人が持っていた本だと、自分の娘の婿さんがいづのめ教団の教会長で、これが(文明の創造)出てから読み込んで、これ手垢で真っ黒になっている、茲が(表紙)……。そしてこの中を開けて見ると、一杯マーカーを入れてですね読み込んでいて、そして7年前から「メシヤ講座」を読んでいるので、教会長の会合の中で“何時迄も三代様の書かれた物を御神体としていては、信者さん方に御守護がないのではないか、だからメシヤ様の御文字の御神体にすべきではないか”というふうに教会長の会合で意見を具申したらしいんですよね。

それともう一つは“明主様と何時迄よんでいるんだ”と“メシヤ様と、そういうふうに尊称申し上げなければ、信者さん方の御守護がないではないか”というふうに、その「い○○○教団」の中で、教会長会議で具申したら、教会長を外されてしまったらしいんですよね。

然し、やはり求める気持ちがあったので「文明の創造」が出版されたという話を聞いたら直ぐ買い求めてですね、ずーっと読んで、然し残念なことに体調を崩され、その時は「淨霊」だけで乗り越えたんですけども、ここ1、2年また体調が悪くなって来てですね、そして義理のお母さんが時々行っては、淨霊したりしながら……それで2月にお義母さんが「淨霊力拝受お願い」をして、更に泊り込んで淨霊とか行っていたらしいんですけども、1日に(3月)“儂もじゃあ淨霊力拝受を頂こう”と……、「淨霊力拝受お願い」を申し込まれた翌日にお亡くなりになったらしいんですよね。

早い機会に私に「会いたい」というふうに言っていたらしいんですけども、体調を整えてから会うという事だったんです……私もお会いせずに「霊界」に旅立たれてしまったので、非常に残念な事だなぁと思うんです。

「い○○○教団」の中にもですね、この『文明の創造』をしっかり読み込んでいる方がいらっしゃるという事を、そのお義母さんから聞いて嬉しくもありですね、もうチョッと早くお会いしていたら一緒に御神業を担う事が出来たんではないかと惜しい気持ちもあるんですけれども、3月1日に「淨霊力拝受お願い」を申し込んでですね、そして2日の日に意識がおぼろげになったり、また戻ったりする中で、お義母さんの手を掴んで“これは儂の形見だからしっかり勉強してくれ”っていうふうに言われて、渡されたらしいんです。“これからはメシヤ教しか救う所はないから、しっかりお義母さん私の代りに信仰してくれと、大勢の人達をメシヤ教に案内してくれ“というふうに言い残してですね、そして息を引き取ったらしいんですけども……。これ(文明の創造)今、娘と自分とで取り合いをしていると、娘は“私の夫の物だから私の形見よ”というふうに言っているんで、お義母さんにそれは娘の方に譲りなさいと、お義母さんは新しいのを買って、線を引いている所を全部自分も写して、線を引いてそして写し終わったら、娘に返してあげなさいというふうに言ってですね、じゃあそうさせて頂きます、と……。今岡山支部に「い○○○教団」の人が6、7人案内されて来ているんですけども、皆『文明の創造』を買ってですね、「元教会長の勉強した事を無駄にしない様に、一生懸命『文明の創造』を拝読をさせて頂きましょう」というふうに言ってくれたので、一緒に御神業を担うことは出来なかったですけども、そうして遺言の様にですね、この『文明の創造』の拝読を言い残して旅立ってくれたので、大変有難いなぁと思います。

参加者:もうチョッと若いって誰ですか?

代表先生:そのお義母さんの名前は聞いているのですけど……息子さん○○とか言ってました、未だ若いんです50代・・・。

参加者:その、○○さんという人のお父さんに当る人ですか、教会長というのは?

代表先生:その人が教会長なんです。「い○○○教団」では教会時代があったでしょ、その時教会長をやっていた・・・。

参加者:あぁ、なるほど。

代表先生:その人が6,7年前からメシヤ教を知っていたと言うから、一度連絡を取ってくれれば有難いな、と思ったんですけども・・・それが叶わなかったので今更どうしようもないですけども・・・それでですね「東○○光教団」の人には、特に茲をしっかり言っていかんといかんのは『容易に応諾されない為威圧や迫害等から』この威圧や迫害でですね御神業を進めようとすると、三千年来の罪穢れを積み重ねて行っているという事です。さっき参拝前に話をしておりました教会でですね、やっぱり恐怖信仰とかを植付けるというのは、三千年前の癖が全然抜けていないという事になって来ますので、メシヤ様のやり方、メシヤ様のなされようとしたのは「この威圧や迫害とか恐怖信仰とかそういうもののない世界」をメシヤ様は築こうとされたので、やはりメシヤ様の進めようとされた所に皆を導いてあげないとですね、この地上天国建設というのは実現しないという事を、この一文はしっかりですね、お知り合いの人とかがいたら伝えてあげて頂きたいと思います。
2015年メシヤ講座3月出雲

2015年10月の御教えは『文明の創造』「観世音菩薩」326ページです <学び>
既存教団の中で本来のメシヤ様中心の信仰を訴えても、つぶされていってしまう。
正に夜の世界の『威圧や迫害』だと思います。
自分自身にそういうような事が出ないよう、また、お互いにそういうことの無いように気をつけ合って行かないと
いつになっても、天国は来ないんだなーと、思いました。
関連記事

タグ:文明の創造 イズノメ

Comment

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

Trackback